中国で販売が禁止されている『バイオハザード RE:2』を売るために、売り手は「隠語」や「暗号」を使う

今月1月25日、『バイオハザード RE:2』が全世界で発売された。ただし、全世界といっても、どうやら「中国」はそこに含まれていないようだ。中国で販売が禁止されている『バイオハザード』シリーズの最新作を売るために、ゲーム販売者がさまざまな工夫を凝らしていることが、話題を呼んでいる。

「ヤミ市」的販売

近代の歴史においては、どんな国家でも、共産党の活動は、地下活動から始まったものが多い。面白いことに、その共産党が一旦革命を成功し、国の統治者になったとしても、民のレジスタンス活動もまた多くは地下で活動し、政府に反抗することが多い。実際、反抗者とは得てしてそうせざるをえない立場に置かれるのだ。この現象を、筆者は「社会主義的永劫回帰」と名付けている。

共産党をはじめ、社会主義的な反抗者たちは、地下活動を柱にするが故にヤミ市が大好きだ。特に文化的な出版物を売買する場合、ヤミ市を頼るほかにみちがない。なぜなら、文化的な出版物は強い力を持っており、ときには革命を成功させることができ、ときには毒薬のように他人の精神を混乱させ、革命に背くよう促す力を持つ 。つまり、こうしたものの持つ影響力は非常に強力であることもまた認められており、政府などによって管理と禁止が必要だと認定されがち。多くの本、ドラマ、番組が表に販売、公開することが禁止され、それらの出版物を売買するために、地下で隠語を使って、暗号を解くように、流通されることが一般的である。

このことは、社会主義の中国において、ゲームまで影響が及んでいる。たとえば、下は中国の通販サイト「タオバオ」では、『警察局に初出勤の日 リメイク版』というタイトルのゲームが売られている。これは実は先日カプコンが発売した人気作『バイオハザード2』のリメイク作品『バイオハザード RE:2』のことを指している。

こちらではSteamのキーが販売されている。

実際、『バイオハザード RE:2』は以下のようにさまざまな工夫が施され、タオバオで売られているのだ。

 

タイトル名『撃ってみろ リメイク2』
タイトル名『デスティニー2 リメイク版』。もはやなんのゲームなのかわからない。
タイトル名『カプコン リメイク2』 画像では「RESIDENT EVIL 2」という英語が確認できる。
タイトル名『リトルナイトメア2 リメイク』。こちらも、もはやなんのゲームのことかよくわからない。

 

中国でゲームを売ることの難しさ

中国では現状、ゲームを正規販売している小売店はほぼゼロといっていい状態だ。2015年にPS4が正式的に中国に販売されてから、中国政府の厳しい審査をくぐり抜けて発売を許された数少ないタイトルを除けば、ほぼすべての中国国内に流通しているパッケージ版のコンソールゲームは、香港、アメリカ、日本、ヨーロッパから取り寄せた個々の個人売店が売っているものだ。この行為は法律違反ではないものの、政府からの許可もとってないグレーゾーンになっている。

中国では、正式の手続きを経てゲームを正規販売することはほぼ不可能といっていい。原因は複数ある。まずは中国にてゲームなどの文化的出版物を発売するには、まず政府の審査を受けないといけない。中国にはCEROのようなレーティング機関がないため、暴力、性的表現、ホラーなどの要素があれば、一発で販売不可になるのだ。くわえて審査には時間がかかるし、一年で審査を通るゲームのタイトルの数は限られている。そして、ゲームのような文化的な出版物を売るには、出版社並の資格が必要とされる。出版社並の資格を得るには、中国国内に会社を置き、かつ中国国内の資金で運営しなければならない、というのが基本である。

これが、ゲームの販売に「ヤミ市」にて、隠語と暗号を使わなければいけない理由である。しかし、一般的には、タオバオでゲームを売るなら、普通にタイトルを入力して販売すればいいだけだ。こと『バイオハザード』シリーズが、そこまで隠れて売らなければいけないことには、別の理由がある。それは、今から15年も前に流れた、中国の文化部からのとある通知の内容に関係している。この通知によると、『バイオハザード』シリーズは『Hearts of Iron』『I.G.I.-2: Covert Strike』『Command & Conquer 3: Kane’s Wrath』『Quake 3』と並んで、国家安全を害する、性的なもの、暴力とギャンブルを含んでいるという理由で販売が禁止されている。おそらくは、その年の映画版『バイオハザードII アポカリプス』が中国にて莫大な人気があったのが原因の一つであろう。

『バイオハザード』は販売禁止だけではなく、中国のゲーム屋たちがつねに何らかの規制と禁止に直面している。そして、その都度、何らかの対策を練り、ピンチを乗り越える。2017年3月、タオバオにて海外の出版物の販売が全面的禁止される規定が出てきた当時、すでに多くの人々が今回のような隠語と暗号をつかって、ポスターをも書き換えて商売を続行したのだ。そのたくましい精神とゲームへの愛情に、筆者は脱帽した。今回の『バイオハザード RE:2』の販売においても、同様の工夫が感じられるだろう。

さて質問。上記の絵は、なんのゲームを表しているでしょうか。答えはわかりますか? 正解は『Battlefield 4』です。

【UPDATE 2019/1/28 12:00】
最後の画像の答えを追記

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog