Steamにおける2018年売上上位ランキング発表。『モンスターハンター:ワールド』が強さ見せ、『VRカノジョ』もVR枠で上位に

Valveは12月28日、2018年のSteamでの売り上げ上位タイトルを発表した。今年もいくつかカテゴリー別のリストが公開されている。なお、それぞれのタイトルについて具体的な売り上げ本数や収益は明らかにされておらず、順位に応じてプラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズに分類されている。

まずは年間での総売り上げ(ゲーム本体、ゲーム内取引、DLCなどを含む)の上位リストから見ていこう。Steamにおける売上上位の顔ぶれは、『PUBG』や『Dota 2』、『レインボーシックスシージ』など固定されてきている。しかしその中でも、2018年発売新作タイトルとしては3作品がランクインした。今年のSteamにおいて存在感を見せつけたのは、やはり『モンスターハンター:ワールド』だろう。

コンソール版よりも半年遅れで発売されたシリーズ最新作は、発売されるや否やSteamの全世界売上上位の首位を走り続けた。安くない価格設定、そしてSteamレビューが「賛否両論」にもかかわらずその勢いはとどまることなく、Steamウィンターセール中の現在も、『PUBG』と首位を争っている。売上本数は推し量ることができないが、一部開発者の間では「レビュー数の50をかけた数字が、売れた本数の目安である」との通説がある。5万近くレビューが集まっている『モンスターハンター:ワールド』は、憶測の域は出ないものの、少なくともSteam版だけで250万本以上売り上げているのではないだろうか。

そのほかの新作としては『アサシン クリード オデッセイ』と『ファークライ5』がランクインしている。ともにオフライン主体のオープンワールドであるが、プラチナ枠に入っており、好調であることを感じさせるだろう。ゴールド枠の新作にランクインしているのは、恐竜テーマパークを運営する『Jurassic World Evolution』と中世オープンワールドRPG『Kingdom Come: Deliverance』。ともに初動が強かったタイトルで、今は勢いが落ち着きつつあるが、それでも存在感を見せている。そのほか日本のタイトル新作を見てみると、シルバーに『ファイナルファンタジーXV Windows Edition』。ブロンズに『ファイナルファンタジーXIV』や『ダークソウル リマスタード』が入っていることが確認できる。

公式サイトではパッチも配布中

VRゲームカテゴリーとして興味深かったのは、イリュージョンの手がけた和製美少女ゲーム『VRカノジョ』がプラチナ枠に入ったこと。VRタイトル自体の数が絞られていたこともあるが、『Fallout 4 VR』や『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』と並んでいるのは、なかなか興味深くもある。『VRカノジョ』は4月のベスト新作にもランクインしており、特定の層にリーチしたことは間違いなさそうだ。

そのほか月別ランキングでも、今年のSteamトレンドを見て取れる。早期アクセスタイトルもっともプレイされたゲームといったカテゴリーも用意されているので、気になる方は各ランキングをチェックしてみるといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog