大手ポルノサイトが2018年の人気ゲームキャラを発表。「クッパ姫」の圧倒的人気際立つ、そして「マリオ」の名前も

Image Credit : Master Clockwork

業界の大手ポルノサイトPornhubが、同サイトに寄せられた2018年のデータ群を公開した。国別アクセスランキングや検索キーワードランキング、各国のユーザーのサイト平均滞在時間など多岐にわたるデータが明かされている。検索されたゲームキャラについてのランキングも公開されており、こちらを中心にゲームに関連するデータを見ていきたい。なお、同サイトへのリンクについては控えさせていただく。

Image Credit : Pornhub

ゲームキャラのトップは、Bowsette(クッパ姫)。今年の9月になってから登場したキャラクターであるにもかかわらず、3400万回以上検索されており、ほかのキャラクターを大きく引き離し、圧倒的な人気を誇っている。クッパ姫は、『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』に登場するキノピーチのコンセプトを元にして生まれた二次創作キャラクター。キノピコがスーパークラウンを獲得することで、ピーチ姫のような姿に変わるという特性をヒントにしたユーザーが、「クッパもスーパークラウンを獲得すれば、クッパ姫になるのではないか」と考えたことから生まれた(関連記事)。強気でセクシーなクッパ姫という架空のキャラクターが多くの人々の心を捉え、日本では数日間Twitter上のトレンドのトップに居座るという事態にまで発展。その人気は世界規模のものであり、大手セクシーサイトの中でも際立っていたようだ。中には72万回数以上の再生を記録したパロディ映像も存在するとのこと。

ブリギッテ

2位につけたのは『オーバーウォッチ』のブリギッテ。3月に登場した同キャラは、発表時から美しくも勇猛な勇姿が男女両方からの人気を集め、“熱い眼差し”が向けられていたが、ほかの『オーバーウォッチ』のヒーローを抑えて2位に君臨した。同作品のキャラクターの人気としては、ブリギッテから下はマーシーやアッシュ、ウィドウメイカー、トレーサー、D.Vaと続く。D.Vaは昨年の同サイトの人気ゲームキャラランキングのトップに輝いていたが、今年は他のヒーローの後塵を拝した形だ。

『トゥーム・レイダー』シリーズのララ・クロフトと、『ゼルダの伝説』シリーズのゼルダ姫が人気なのは例年どおり。7位にマリオの名が連ねられているのは、サプライズだと言えるのではないだろうか。クッパ姫の人気に引っ張られるか、もしくはクッパ姫とのカップリングを期待されているのだと思われるが、「ヒゲを生やしたオッサン」のセクシー映像を求めて多くの人々が検索をかけていると考えると、なかなか奇妙な状況であるかもしれない。任天堂キャラクターとしては、ピーチ姫(Princess Peach)も上位にあがっている。こちらは順当といえそうだ。

昨年と同様に『オーバーウォッチ』キャラクターは安定した人気を誇っているが、昨年人気を博した『ポケットモンスター』シリーズのキャラクターは上位から姿を消している(昨年記事)。「Misty(カスミ)」「Gardevoir(サーナイト)」の名前は依然として確認できるが、“そちらの需要”は落ち着いてきているのだろう。

以上はゲームキャラクターに焦点を当てたデータであるが、ゲームタイトルとして圧倒的人気を見せたのは『フォートナイト』。2018年にて業界を席巻したバトルロイヤルゲームの勢いは、プラットフォームの垣根を超えた。『フォートナイト』がダウンするとPornhubにアクセスが集中することが報告されるなど、同ジャンルとの相性の良さを証明済み(関連記事)。実際、各国のトレンドワードに輝くなど、大量に検索されており、ゲームタイトルで特に躍進を見せた作品であったようだ。ちなみに『フォートナイト』においては明確なキャラクターが存在しておらず、ゲームキャラクターランキングには「カラミティ」や「バニー」といったスキンがランクインしている。

なお今年は『レッド・デッド・リデンプション2』もまた同サイトにて人気であることが報告されていた。「ウエスタン」「カウボーイ」といった検索ワードが急上昇したが、10月末に発売されたということもあり、今回のランキングに入ることはできなかったようだ。なおゲームとは直接関係はないが、今年もっと多く検索されたポルノ女優にはストーミー・ダニエルズ氏がランクインしている。ダニエルズ氏は、アメリカの大統領であるドナルド・トランプ氏と関係をもったことを公表し、世間の注目を集めた人物。氏がトランプ氏の局部を「『マリオカート』のキノコのキャラクターのようだ」と表現したことにより、アメリカのTwitterにてキノピオがトレンド入りしたことも記憶に新しい(関連記事)。話題にのぼっている人物が“その手の女優”である場合、検索したくなってしまうのが人の性なのだろう。

そのほか、Pornhubは同サイトの訪問数が今年だけで335億にのぼること、毎日の平均訪問数が9200万人に及ぶことを公表。検索ワードランキングの上位に「lesbian(レズビアン)」「hentai」「milf(熟女)」「step mom(継母)」「japanese」といったキーワードが並んでいることを報告している。興味のある方は「Pornhub 2018 Year in Review」にて検索をかけ、データを閲覧してほしい。同データのページは全年齢向けであるが、Pornhub自体が成人向けサイトであることをお忘れなく。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog