『ファークライ5』のセールスが絶好調。Steamやイギリスの週間チャートにて歴代シリーズ作品を大きく上回る

Ubisoftから3月29日に発売されたアクションアドベンチャーゲームソフト『Far Cry 5(ファークライ5)』が、売上においてさまざまなプラットフォームにて好発進を見せている。その詳細をPCGamesNGamesIndustry.bizが報じている。

まずゲームDL販売プラットフォームSteam上においては、配信から48時間以内に約28万人の購入者がいたことがSteamSpyから公開されているデータによって明らかとなっている(4月2日現在は約54万人)。この結果は、歴代『ファークライ』シリーズのなかで、Steam上最多購入者数を誇る『ファークライ3』の約2万3000人を3倍以上も上回る数字とされている。またそのゲームが現在Steam内でどの程度遊ばれているかを示すアクティブユーザー数でも、すでに直近でUbisoftより発売された大型タイトル群のピーク時を上回っていることが、SteamChartsにより判明している。

たとえばUbisoftの看板タイトルであるアサシンクリードシリーズの最新作『Assassin’s Creed Origins』ですらピーク時においてアクティブユーザー数が4万6000人に満たない程度であったことに対し、すでに『ファークライ5』は現時点で最高9万2377人のプレイヤーが同時にプレイしていたことが分かっている。マルチプレイの有無も考慮しなければいけないが、Steamでの『ファークライ5』の人気は、所有者が多いというデータだけでなく、たくさんのプレイヤーに遊ばれているという同時接続数によっても裏付けられている。

『ファークライ5』の勢いは、Steamだけではなくコンソール市場においても確認できる。イギリスのゲーム小売市場ではPS4向けパッケージ版が、3月31日付けのチャートにおいて首位を獲得していることを、前述のGamesIndustry.bizなどが報じている。この結果は、『ファークライ』シリーズの歴史史上最高のものであることに加え、同時期の「13週目」のチャートにおいて記録を保持していた『BioShock Infinite』を上回るスタートであったという。

同メディアはこの結果に対してUbisoftが本作の発売にあたり大々的にマーケティングに対して力を注いだこと、イースターの影響で同時期に発売されたコンソール向け競合タイトルが少なかったことが影響しているのではないかと考察している。今回のチャートでは『ファークライ5』の6割がPS4版のものであるとされており、イギリスでのPS4向けUbisoftゲームタイトルとしては歴代6番目のスタートであったという。

『ファークライ5』ではソロだけではなく2人協力が可能なキャンペーンモードや、ユーザー作成コンテンツを楽しめる「Far Cry Arcade」というゲームモードが収録されている。同モードではマップエディターが用意されており、作成したマップはコミュニティと共有可能。キャンペーンモードの充実度もさることながら、こうしたコミュニティ主導のコンテンツを用意していることも、好調を後押ししているのだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog