任天堂がニンテンドースイッチ作品で見せる巧みな「ファイル圧縮」術は謎に包まれたまま。『ドンキーコング』のサイズはWii U版から4割減

【UPDATE 2018/3/25 13:30】
記事初版本文にて「圧縮技術にブレイクスルー(進展)があった」との旨の記載をしておりましたが、当該部分について加筆および修正しました。その他、細かな表現を変更しました。

【原文 2018/3/24 16:26】
ニンテンドースイッチは、TVにつないでも携帯機として持ち運ぶこともできるハイブリッドハードウェアである。そうしたコンセプトが高い人気を呼んでおり、全世界で好調な売り上げを見せている。しかし、その便利さの実現に伴う制約はいくらか存在している。ストレージ問題はそうした制約のひとつともいえる。

2018年5月には、HORIからは256GBの大容量microSDカードが発売される

ニンテンドースイッチの本体容量は32GB(システムファイル除く)で、microSDカードにて拡張できるものの他コンソールと比べるとコンパクトで、ダウンロード版を多く購入するためには拡張が必須。またパッケージ版のカートリッジは32GBのものは高価であると報道されており、16GBに収めることが望ましいとされている(関連記事)。各社ともにこのファイルサイズをいかにかいくぐれるかリリースの鍵となっている。また海外メディアもまたソフトのファイルサイズを逐一取り上げており、人気の話題のひとつにもなりつつある。

しかしファーストパーティである任天堂は、そうしたファイルサイズ問題をそれほど苦にしていないようだ。任天堂の作品のサイズは大型タイトルから小さな作品まで非常にコンパクトだ。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のファイルサイズは13.4GB。『スプラトゥーン2』は3.1GB。『スーパーマリオ オデッセイ』は5.7GB。さすがに『ゼルダの伝説』クラスになるとある程度は膨らむものの、多くの作品が10GB以内に抑えられている。

そして、移植タイトルとなるとその傾向はさらに顕著になる。3月23日にニンテンドースイッチ版『ドンキーコング トロピカルフリーズ』のファイルサイズがニンテンドーeショップにて公開された。同作の海外版のファイルサイズは、6.6GBとなる(Nintendo Life)。それ自体は特筆すべき大きさではないが、実は同作のWii U版のサイズは11.3 GBだった。約40%小さくなっているわけだ。追加コンテンツを含む移植版ということで、内容は増えているにも関わらず、コンパクトになっている。

Wii Uから移植された同様のケースとしては、『マリオカート8 デラックス』が6.75GBで、Wii U版の4.9GBから増加。大幅にコンテンツが追加された『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』は3.2GBでWii U版の3.7GBから減少。『ベヨネッタ2』は12.4GBとなっており、同じくWii U版の14GBから微減となる。『マリオカート8 デラックス』以降は順調な容量削減が続いていたが、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』の40%のファイルサイズ削減というのは著しいというほかない。

ちなみに、Wii U版『ベヨネッタ』は16GBとされており、ニンテンドースイッチ版は8.5GB。こちらの容量削減も一部メディアにて騒がれたが、オリジナルとされるXbox 360版が6.8GBであったので、日本語音声が導入された影響も加味しなければいけないが、Wii U版のファイルサイズが特別肥大化したと考えたほうがよさそうだ。

いずれのタイトルのWii U版が最適化不足であったというよりは、ディスクからカートリッジというメディアの変更や、最適化の影響が絡んでいると考えられるかもしれない。メインストーリーを含めて、数多くのサブイベントボイスが収録されている『ゼノブレイド2』は13.1GB。単純に比較できないが、よりボイスが少ないであろう、もしくは負けず劣らないボリュームを誇る『ゼノブレイド クロス』は22GBほどであったので、やはり圧縮の事情が関係しているように見える。また、サードパーティのニンテンドースイッチ版は他プラットフォームとのマルチタイトルと比較しても、そのほとんどのファイルサイズがコンパクトであるが、これはハードウェアの差異を考慮した最適化による調整や削減も含まれていると考えられるので、比較は難しいだろう。

今後発売される任天堂のニンテンドースイッチタイトルで、もっとも容量を圧迫すると予想されるのは、やはり『大乱闘スマッシュブラザーズ』最新作だ。『スマブラ』といえばWii版となる「X」では容量を増やすため2層ディスクを採用した(Nintendo UK)ほか、Wii U版『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は15.7GBとされており、大容量タイトルの常連ともいえる。ニンテンドースイッチ向けに発売される最新作は、どれほどの容量に収めてくるだろうか。ファイルサイズという観点からも、人気シリーズ最新作の情報に注目してみるのも面白いかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog