クロスオーバー格闘ゲーム『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は5月31日に発売へ。『ペルソナ4』『RWBY』キャラらが入り乱れ戦う

アークシステムワークス は本日1月15日、新作2D格闘対戦ゲーム『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』を5月31日に発売することを発表した。価格はパッケージ版が5,800 円(税抜) 、DL 版が5,370 円(税抜)だ。対応プラットフォームはPlayStation4/Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)/Steam(PC)の3機種。

『BLAZBLUE』シリーズはアークシステムワークスが手がける2D対戦型格闘ゲームシリーズ。2008年よりアーケードゲームとして稼働を開始し、その後さまざまなプラットフォームで作品を展開されている。対戦格闘ゲームという枠にとらわれることなく、『ぶれいぶるー くろーんふぁんたずま』のような3Dアクションゲームや、ネットラジオ、小説、漫画、アニメなど『BLAZBLUE』の世界観を重視したメディアミックスが行われているのが特徴で、格闘ゲーマーだけではなく幅広いユーザー層に向けた作品を提供し続けている。

 

『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は、これまでアークシステムワークスが開発してきた作品群が『BLAZBLUE』の名の下に集結、2vs2のタッグバトルを繰り広げるクロスオーバー作品である。主な参戦タイトルは『BLAZBLUE』、『UNDER NIGHT IN-BIRTH』『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』の3タイトルに加え、ゲストとして人気3Dアニメ「RWBY」の参戦が明らかとなっており、総勢40名のキャラクターが使用可能であることが発表されている。

今回の発売日発表に合わせて、『RWBY』より新キャラクター「ブレイク・ベラドンナ」(CV 嶋村 侑)」の参戦が明らかになった。彼女は『RWBY』作中における4人の主人公のうちの1人であり、獣人の高い身体能力を活かし、剣の様な変形武器「ガムボール・シュラウド」を華麗に操ることで敵と戦う。独特なアクションシーンがハイクオリティなドットアニメーションによってどのように描かれるのか注目である。

ちなみに、最初から使用可能なキャラクターは40名の内20名となっており、先述した「ブレイク・ベラドンナ」を含む残り20名のキャラクターは有料DLCとして順次配信予定だ。全てのキャラクターを一度に購入できる「追加キャラクター All-in-Oneパック」も配信予定となっている。そのほか限定版である「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE Limited Box」の発売が決定。4作品それぞれの本家アーティストによって書き下ろされたメインビジュアルが特徴のスペシャルボックス、特製アートワーク、先述した「追加キャラクター All-in-Oneパック」DLコード、そしてPS4版にはアクリルスタンドが、スイッチ版にはマルチ収納ポーチが特典として付属する。限定版の価格については、後日発表予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog