初代『ポケモン』サウンドをクラシックで彩るアレンジアルバム配信開始。ライセンスは許諾済み、売上は全額チャリティへ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ゲームミュージックレーベルMateria Collectiveは12月22日、初代『ポケットモンスター』のサウンドトラックのアレンジアルバム「Harmony of a Champion』をSpotifyBandcampなどで配信開始した。このアルバムは、「レッドがマサラタウンからポケモンチャンピオンになるまでの10年間」をイメージしたコンセプトアルバムとなっており、海外の任天堂ファンコミュティ「SHINESPEKERS」よりプロデュースされたものだ。各配信プラットフォームでは試聴することも可能。

本アルバムは、かつての8bitサウンドをクラシックというジャンルに形を変えることで、原作の物語の壮大さを表現している。また曲中には「カセットをフーフーする音」や「ボタンやカーソルのクリック音」「草むらの中を歩く音」といったおなじみのサウンドエフェクトも仕込まれており、プレイ当時の思い出をリアルに想い起こさせることだろう。初代『ポケットモンスター』に思い入れのある方は試聴してみてほしい。

なお、このアルバムはライセンスを許諾を得て制作されており、売上は慈善団体「Child’s Play」に全額寄付され、世界中の病院におもちゃやゲームを供給することで子供たちの生活を改善するための活動資金として使われることになるという。Materia Collectiveは歴代『ファイナルファンタジー』シリーズのBGMアレンジアルバム制作を行う為に集まったゲーム好きなアーティストのグループだ。『ファイナルファンタジーVII』『ファイナルファンタジーVIII』といった人気作品のアレンジアルバムなどもリリースしている。現在はその規模をレーベルにまで拡大、ゲームサウンドトラックのクラシックアレンジアルバム及びオリジナル楽曲を配信している。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog