【UPDATE】ハイスピード・パルクールアクション『Super Cloudbuilt』正式発表。昏睡状態の女性兵士が意識内世界を駆け抜ける

【UPDATE 2017/02/24 13:10】 AUTOMATONから本作の販売元であるDouble Elevenに確認したところ、本作はすべての発売予定プラットフォーム(Steam/PlayStation 4/Xbox One)において、日本語字幕表示に対応したうえで日本でも発売する予定だとの回答をいただいた。

【原文2017/2/23 12:59】 Double Elevenは2月22日、Coilworksが開発するSFパルクール・アクションゲーム『Super Cloudbuilt』を発表した。プラットフォームはWindows/PlayStation 4/Xbox Oneで、今夏発売予定。本作は2014年にWindows向けに発売された『Cloudbuilt』のリマスター版だ。

スポンサーリンク

本作の主人公は若き女性兵士のDemiだ。目が覚めると見知らぬ崩壊したビルの内部にいた彼女。目の前には青い光が浮かんでおり、彼女を導くように飛んでいく。青い光を追っていくと、ボロボロのビルだったことが嘘のような綺麗な部屋にたどり着き、その部屋の中のベッドにはDemi本人が眠っていた。彼女は重傷を負って病院で治療中で、これまで見ていた光景は昏睡状態の彼女の意識の中での出来事だったのだ。

ゲームではDemiを操作して、空に浮かんだ古代遺跡や荒廃した建物などの構造物の間を駆け抜ける。これもまた彼女の意識が作り出した世界なのだろう。狭い足場から足場へジャンプし、ウォールランニングなども駆使しながらステージのゴールを目指す。Demiはジェットパックが装備されたEXOスーツを着ており、ブーストすることで走るスピードが上がり、大きなギャップや長い壁だけのセクションを駆け抜けることができる。ブーストは一定時間しか持続せず、そのメーターは時間経過で回復するほか、ステージ上のアイテムを取ることで急速回復も可能。そのアイテムを効率よく取っていくことで、ベストなルートをスピードを落とさず走ることにつながる。

ステージ上にはDemiを攻撃してくる砲台などの敵もいるため、弾を避けつつ銃で反撃することも求められる。そしてストーリーでは、彼女はこの新しい世界を理解し受け入れるのか、あるいは疑問を抱いて拒絶するのか、複数のエンディングが用意されているという。パルクール・アクションゲームというと『Mirror’s Edge』が思い浮かぶが、EXOスーツや銃撃といった要素により、スピード感やゲーム性はかなり異なるものに仕上がっている。

本作のゲームモードはStory・Ranked・Rushの3つが用意されており、時間制限や弾薬制限など条件の異なる計177個のチャレンジが収録。各ステージのクリアタイムはオンラインランキングで共有され、ほかのプレイヤーと競うことができる。またオリジナル版向けに配信されていた追加ステージDLCが最初から収録されるほか、セルシェードに鉛筆画風のフィルタがかかった本作の独特のグラフィックはリマスターされ、UIの最適化なども施される。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog