任天堂のWii向けに開発されていたプロトタイプ版『Devil May Cry』『Batman: Arkham Asylum』『ディグダグ』などの映像が公開される

任天堂から2006年に発売されたゲームハード「Wii」は大ヒットを記録し一時代を築いた。サードパーティもまた、任天堂が巻き起こした旋風に乗るために、Wii向けにさまざまな方向性を模索しながらゲームを開発していた。そうした試みの痕跡が今になって明らかになりつつある。

Red Fly GamesがWii向けに開発していた複数の人気フランチャイズのプロトタイプ版が見つかり話題になっている。Red Fly Gamesといえば、『Star Wars: The Force Unleashed II』や『Ghostbusters』などPlayStation 3/Xbox 360向けに開発されていたタイトルのWii版を手がけることに定評があったスタジオだ。これらの2機種とは異なりWiiはHD出力には対応していなかったことやWiiリモコンという特殊なデバイスが標準化されていたことから、単なる移植ではなく操作体系の見直しを含めてWiiに最適化させる技術が求められる。Red Fly Gamesはこうした実績を買われて複数のプロジェクトを水面下で進めていたのだろう。しかしその多くは最終的に日の目を見ることがなかった。

公開されたのは『Devil May Cry』、『Batman Arkham Asylum』、『ディグダグ』、『X-Wing vs. TIE Fighter』の4タイトル。どのタイトルも人気フランチャイズとして知られているだけに驚きも大きいだろう。Red Fly Gamesはこうしたプロトタイプ版の映像を今年1月に公開していたが、当時は話題にならなかったようだ。時が経ち、年の瀬になったところでファンによって発掘された形になる。

『Devil May Cry』シリーズがWiiで展開される未来も、もしかするとあったのかもしれない。Red Fly Games は「我々はWii版が完成することはないと言われた。数週間開発していたものを見てほしい」と短い言葉を添えてWii版『Devil May Cry』の映像を公開している。映像に出てくる赤いマントを羽織った白髪の主人公はおそらく「ネロ」ではなく「ダンテ」だろう。赤みがかった城を舞台に人形のような敵を銃と剣を駆使して倒すゲームプレイはシリーズの系譜を強く意識させる。

大ヒットを記録した『Batman Arkham Asylum』もWii向けに開発されていたようだ。スペックの影響からか、グラフィックなどはPC/PlayStation 3/Xbox版に劣っているが、マントを広げて羽ばたくシーンやヒットストップを用いた臨場感のある戦闘など特徴的な要素はうまく導入されている印象だ。Red Fly Gamesは「ポテンシャルがあるのがわかるだろう、数週間で作ったわりには悪くない」とコメントしている。

1982年にナムコから発売された『ディグダグ』シリーズがWii向けに開発されていたという事実も興味深い。映像を見ると、『ディグダグ』シリーズのゲームシステムはそのままに、3D化された地中を掘っていく主人公「ディグダグ」の姿が見える。こちらのプロトタイプ作品はクラシックな『ディグダグ』を「リ・イマジン」するというコンセプトで作られていたのだという。詳細については明かされていないながらも、それなりに開発が進んでいたことを感じさせる内容だ。

『TIE vs XWing』はおそらく1997年にPC向けに発売された『Star Wars: X-Wing vs. TIE Fighter』の続編であろう。同作は一度リメイクされるだろうという噂があったが、開発を手がけているとされるTransmission Gamesにてマーケティング・ディレクターを努めていたAntony Reed氏が2009年に「おそらくリメイクされることはないだろう」と明言したことで希望は絶たれることになった。Wii版『TIE vs XWing』がこのリメイクに関係していたかどうかは定かではないが、プロトタイプ版の映像からはなかなか力が入っていたことがうかがえる。

『DAWN OF FIRE』は戦闘が楽しめるハードなRPGになるとのこと。
『DAWN OF FIRE』は戦闘が楽しめるハードなRPGになるとのこと。

Red Fly Studiosはほかにも「スターウォーズ」の「ダースモール」を題材とした『Battle of the Sith Lords』をPC/PlayStation 3/Xbox 360/Wii向けに開発していたが、こちらも開発中止になったという過去がある。以降は「忍者タートルズ」のゲームを複数開発し、現在はモバイルゲームを手がけつつ、ヴァイキング時代をテーマとしたオリジナル作品『DAWN OF FIRE』を開発中だという。

近年ではプロトタイプ版はUnseen64などから流出することが多く、ゲーム会社自身がプロトタイプ版を公開するのは珍しいケースといえるだろう。映像を公開したのは、契約が切れたからか、もしくはRed Fly Studiosが無念を晴らすためなのか、目的は定かではない。プロトタイプのまま開発が終わってしまうことは、業界ではそう珍しいことではないが、こうした映像を見るのはユーザーにとって嬉しくも惜しくもあり、複雑な気持ちになるのではないだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog