最悪の治安であるシカゴ南部の生活を描くアドベンチャー『We Are Chicago』が2017年のリリースに向けて開発中

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第290回目は『We Are Chicago』を紹介する。

『We Are Chicago』は物語主導の一人称視点アドベンチャーゲームである。タイトル通り舞台となるのはシカゴで、南部に暮らす人間たちが直面している厳しい現実を描いた内容だ。プレイヤーはそこで暮らす家族のひとりであるAaronとなって物語を進めていく。基本的なゲームプレイは『The Walking Dead』や『Life is Strange』のように重要な会話の選択で進めていき、Aaronを取り巻く状況を追いかけていく。

スポンサーリンク

Aaronは卒業を一週間後に控えた高校生だ。そんな時期を前に、突然親友が学校に現れなくなってしまう。いったいどうしたんだろうか。不審に思いながらAaronは学校に行くのだが、そこでなんとギャングが現れ自分に脅しをかけてくる。それどころか、自分が住んでいる区域から銃声が聞こえるようになる。いったい自分の周りでなにが起こっているのだろうか。

Aaronがきな臭い状況に巻き込まれていくことで、今までのように家族や友達との関係を維持していくことが難しくなっていく。プレイヤーはAaronの家族やクラスメート、同じ区域の住人たちと触れ合う中で誰が本当に信頼できる人間なのかを見定める。どうしてこの状況になってしまったのかを明らかにしていくことが目的となる。

Wikipedia「シカゴの人口統計」より人種分布図。地図南側の濃い青色の部分が黒人が住んでいる地域。見事に南北で別れている。
Wikipedia「シカゴの人口統計」より人種分布図。地図南側の濃い青色の部分が黒人が住んでいる地域。見事に南北で別れている。

シカゴは全米でもっとも人種による分離が激しい都市とも言われている。北部には白人やヒスパニックが暮らしている一方で、南部では黒人がほとんどを占めているのだ。この南北の分離は貧富と治安の差も意味しており、『We Are Chicago』の舞台となる南部はギャングの抗争が少なくはなく、特に治安が悪いとされる。こうした環境がゲーム内に強く反映された内容となっている。

同じくシカゴを舞台とした作品ではUBIの『Watch_Dogs』があるが、あちらはオープンワールドのゲームデザインをベースにしており、シカゴで多発する犯罪を抑制するために大規模な監視カメラを導入した社会を題材に、プライバシーの問題やハッキングといった脅威を描いていた。一方で『We Are Chicago』は、そもそもの犯罪が起きやすい環境としてのシカゴと、犯罪によって運命を翻弄される人々の様子を描く模様だ。『We Are Chicago』は2017年にPC/Mac/Linuxでリリースが予定されている。AAAタイトルの『Watch_Dogs』が描いたシカゴの対になる形で、生々しいシカゴを体験できるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog