PS4『スパイダーマン』がとにかくすごい。見た目で買った『PLANET ALPHA』はアタリの予感。ネコRPG『StrikeForce Kitty』で癒やされる。今週のゲーミング

Now Gamingは毎週日曜日、各ライターがその週にプレイしたゲームについて、ゆるく書きちらすコーナーです。148回目です。先週は関西の暴風に北海道の震災と、大変な週でした。被害にあった方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

スポンサーリンク

見た目だけで買ったがこれはアタリ

今週は『PLANET ALPHA』。奇妙な生物が生息する惑星に不時着した主人公が、自然溢れる世界を進んでいく横スクロールアクションです。その不思議な世界を表現するビジュアルは本当に美しく印象的。ゲームプレイはというと、ジャンプアクションやクライミングをしながら進み、時折足場となる物を運んでくるなどのパズルがあり、基本はオーソドックスなスタイルです。

特徴的なのは、特定の場所にて時間を進めたり戻したり自由に操れること。この世界には侵略者らしきロボット軍がうろついており、発見されると攻撃されます。そこで、たとえば昼間にすると植物の葉が開き、身を隠すことができます。そのほかにも時間に連動して動くものがさまざまあり、これを利用して進むというわけです。この惑星には何か遺跡のような場所があり、また主人公はただひとり迷い込んだという訳ではなさそうで、言葉を使わず描かれる謎めいた物語も本作の魅力といえます。
by Taijiro Yamanaka

 

ネコは癒し

今週はバーズテイルのかたわら『StrikeForce Kitty』をプレイしていました。キツネ軍団にさらわれた姫を救うため旅に出た、4匹の勇敢なネコの冒険を描くアクションRPGです。キュートなキャラクターたちが特徴で、死と絶望が隣り合わせのバーズテイルで荒んだ心を癒すにはちょうど良いのです…。

本作の特徴は何といっても豊富な衣装でしょう。ネコたちはキツネから奪った衣装を身にまとうことで能力の底上げを図ることができるわけですが、額に稲妻型の傷を持つ魔法使いから、ソビエトの赤きサイクロンまで、その衣装はどこかで見たようなものばかり。時にはマニアックすぎて元ネタが分からないこともありますが、それもまた一興。もちろんゲームとしても良作で、RPGらしくネコたちをちゃんと鍛えないと、強敵に歯が立たなかったりもします。そんなこんなで今日も衣装集めに興じつつ、ささくれだった心を癒すのでありました。
by Kouzou Suzuki

 

早くもマスターピース感漂う

ついにPS4向け『Marvel’s SPIDER-MAN(スパイダーマン)』が発売されました。購入するだけして他のクリアが近い作品を先に遊ぼうと思っていたのですが、Twitterなどで出回る熱量の高い画像や動画を見て、いてもたってもいられず、始めちゃいました。

『スパイダーマン』のゲームは、ウェブスイングで街を駆け抜ける独特の楽しさに惹かれ、アクティビジョンから発売されたPC版数作やゲームロフトのモバイル版も遊んでいたのですが、今回のInsomniac Gamesが作る『スパイダーマン』は、とにかく完成度が高いですね。街を飛ぶのが楽しいのはもちろん、ミッションや戦闘が楽しい。吹き替えされたウィットに富んだテキストは賑やかで、戦闘はボタン連打でもかっこいいムーブを決められる間口の広い設計。色んな人が遊べるように考えられていながらも、ゴリ押しばかりでは勝てなかったり、膨大なやり込み要素が用意されていたりと、上級者向けの要素もしっかり揃えられております。街中をうろうろしてフォトモードで写真を撮るのも楽しく、オープンワールドのアクションゲームの決定版ともいえる楽しさがあります。まだまだ序盤ですが、圧倒的な作り込みにたじたじです。かゆいところにも手が届いており、遊びながら楽しさと同時に高揚を感じております。
by Minoru Umise

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog