目隠し状態で『時のオカリナ』を100%クリア、ゼルダファンが新たなる“伝説”を樹立

『ゼルダの伝説』シリーズの新たな“伝説”がファンによって作られた。Runnerguy2489と名乗る人物がYouTubeにアップロードした『ゼルダの伝説 時のオカリナ』(以下、時のオカリナ)のプレイ動画が、Eurogamerなど複数のメディアで取り上げられ話題を集めている。一見するとごく普通の「Let’s Play」に見えるかもしれないが、開始35秒でピローケースのような布を頭からかぶると、その後は目隠し状態でゲームをプレイ。そして驚くことに「ハートのかけら」や「黄金のスタルチュラ」などの収集品を全て集め、視界を遮ったままで100%クリアを見事にやり遂げた。

スポンサーリンク

目隠し状態での100%クリアを披露したRunnerguy2489氏は、もともと『時のオカリナ』への愛情が強く、6年前からリアルタイムアタックなどやりこみプレイをTwitchで配信していた。しかしそういったやりこみでは満足できなくなり4年前に「目隠し状態でクリア」というミッションを自身に課し、2年の歳月をかけ見事完遂。さらに半年前から「100%クリア」という条件を加え、10月25日にエンディングを迎えた。

100%クリアを目指すにあたって、氏はミニゲームのクリアに苦労したようだ。「やぶさめ」「的当て」など正確なエイムが求められるものは、矢やパチンコを撃つタイミングを事前に覚えつつ、的をあてた時に生じる音をヒントに攻略している。ミニゲームのなかでも特に困難であったのが「ダンペイレース」だ。このミニゲームは、幽霊のダンペイが落とす炎を避けながら的確なルートをとりレースに勝利しなければならない。ダンペイレースに挑戦しはじめたのころは幾度となく炎の障害物に引っかかり苛立っていた。しかし、彼はZ注目を駆使しながら移動し、行き止まりを確認する時には剣を用いながらこのレースをクリアした。ダンペイレースのクリア時間はミニゲームの挑戦のなかでも最長となる2時間25分であった。

氏のプレイ記録によると、この目隠し100%クリアにかけたプレイ時間は約103時間と記載されており、プレイへの執念がうかがえる。また彼は長年培った『時のオカリナ』目隠しプレイをいかし、チャリティを目的としたタイムアタックイベントAwesome Games Done Quickに参加し社会貢献なども行っているようだ。

今年の3月にも『パンチアウト!!』を目隠し状態でクリアするプレイヤーが出現し話題になったが、今回の目隠し100%クリアはそれをも凌ぐ“伝説”となりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog