TGS2016にて「スペースチャンネル5 VR ウキウキビューイングショー」が展示へ。「うらら」のリポートショーをVR観覧できる

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

グランディング株式会社は、新作VRソフト「スペースチャンネル5 VR ウキウキビューイングショー(以下、スペースチャンネル5 VR)」を正式発表した。デモ版が東京ゲームショウ2016にて展示される予定となっており、宇宙を駆けるリポーター「うらら」の勇姿をひさびさに見ることができるようだ。ただし本作は「スペースチャンネル5」のゲームプレイをVRを通じて遊ぶソフトではなく、うららのリポートショーを番組観覧者となって体感するコンテンツであることが前もって伝えられている。

グランディング株式会社は、Xbox One向けタイトル『Crimson Dragon』やiOS/Android向け『街コロマッチ!』などを開発してきた東京のビデオゲーム開発スタジオ。代表取締役の岡村峰子氏はかつてセガで水口哲也氏と共に働いていた人物で、初代『スペースチャンネル5』の誕生にも関わっている。いまだ謎に包まれているうららの声は、実は彼女が演じたのではないかといまだに噂されていることでも有名だ。

前述したように、今回発表された「スペースチャンネル5 VR」は観客としてうららのリポートショーを見るVRソフトとなっており、単純に「アップ・ダウン・アップ・ダウン・チュー・チュー・チュー」とプレイするVRゲームではない模様。プラットフォームはKDDIがコンセプトデモとして以前より展示しているコミュニケーションVR空間「Linked-door」。東京ゲームショウでは、VRマルチコミュニケーションデモ「Linked door loves Space Channle 5」としてKDDIブースにて出展されており、その中で「スペースチャンネル5 VR」の一端を体感することができる。

原作のファンとしてはやはり「アップ・ダウン……」と遊びたいところだが、岡村氏は「今回のVRは、あえて音ゲーにせずショーを観覧スタイルをとりました」とコメント。「その理由はこれからのお楽しみしていただき、まずは、ずっとスペチャンのファンでいてくださった方々が楽しめるような、スペチャン独自の世界観を掘り下げてみたいと思っています」と語る。

TGS2016では「HTC Vive」にて展示される「スペースチャンネル5 VR」だが、対応ハードや製品版の発売日、価格共に未定とのこと。はたしてどのようなタイトルとなり、どこでどのように展開されるのか。水口氏とセガが手がけている『Rez Infinite』とあわせて、今後の続報に注目したい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog