村を見守り続ける犬の一生を描く『Day by Day』10分間のほんのり切ない物語

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Day by day』は世界各国の開発者たちがテーマに沿って制限時間内にゲームを作るイベント「Ludum Dare 34」にて誕生した作品だ。Ludum Dare 34のテーマは「Two Button Controls」と「Growing」。どちらか片方、または両方をテーマとする作品が募集され、本作はその両方に該当するように作られたようだ。Windows向けに無料でダウンロードできる。開発したのはゲームジャムチームMaxi and the Gang

『Day by Day』は一匹の犬の生涯を描く横スクロールのアドベンチャーゲーム。プレイヤーは犬を操作して人々と触れ合いながら月日を過ごしていく。プレイ自体は非常にシンプルなもので、右へ右へと移動しながら通りかかった場所でのタスクをこなす。マップは完全につながっており、右へ進み続ければ初期地点に戻ってくる。ただ移動するだけではなく、SPACEキーで吠え、Eキーでものをくわえたり噛み付いたりする。村やキャラクターは手描きで表現されており、やわらかな雰囲気を演出している。また、ゲーム中は美しいピアノの旋律が流れており、時間の経過にともなって曲調も変化していく。

the-game-that-the-dog-watch-over-a-villege-by-whole-life-001

主人とみられる軍人に別れを告げられる場面からこの物語ははじまる。文字による情報はなく、人々のリアクションが言語となっている。初期はたくさんの人々が犬を愛でその温かい村の雰囲気が伝わってくる。ボール遊びをする女性やエサをくれる男性、老夫婦などさまざまな村人がプレイヤーである犬をかわいがってくれている。時には吠え、噛みつくことで少年同士のケンカを仲裁することもあるだろう。ひととおりやるべきことが終われば、犬は眠気を訴え始める。そして、犬小屋で眠ることでひと区切りとなり次の期間へと移り変わる。

犬が年を取るごとに村や人々の様相も変化していく。幼犬期、成犬期、村の停滞を象徴する雨の期間、そして老犬期で構成されている。幼犬期の頃は明るかった村がだんだんと暗くなっていき、人々の様子も陰鬱としたものになってしまう。幼犬期はたくさんの人からごはんをもらうことができていたが、村の停滞と比例し落ちている食べ物を口にすることになる。そのころには犬もかなり年老いていて、吠えることもできず歩く速度もゆっくりだ。たくさんいた人々も徐々に少なくなっていき、最終的に犬と遊ぶ者はほとんどいない。ゲームのはじまりに軍人とみられる人物が登場していたこと、のちに初期地点に敵軍人のような人物たちがたむろしていることを考えると、本作は戦時中という設定で、この村も戦いに巻き込まれてしまったのかもしれない。あるいは廃村が近く、人々は出て行ったのかもしれない。しかしいくら村が暗くなろうと人々が減ってしまおうとも、犬だけはこの村を見守り続けている。

目を見張るのは、やはり人の心を揺れ動かす演出だろう。文字表現がないにもかかわらず、季節の移り変わりや時代の変化をしっかりと感じられる。手描きのグラフィックは歳月の経過とともに色褪せていき、また前述した音楽も終盤にはフィナーレを迎えるような、“終わり”を予感させる演出となっている。

the-game-that-the-dog-watch-over-a-villege-by-whole-life-002

10分も経たないうちにきっとあなたは犬と村に対する愛着を抱き、ゲームが終わる頃にはほんのり切ない気持ちを感じていることだろう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る