『StarCraft 2』プロマッチで4時間を超える長期戦 牛歩戦術を使った選手に罰則

StarCraft 2』のプロマッチにて、4時間にもおよぶ戦いが繰り広げられ、eスポーツのプロリーグで史上最長の試合時間となった。これは、1月13日に実施された「StarCraft World Champion Ship」2015年シーズンの予選第5試合での出来事。競技者は、Terranを選択したSteffen "Lillekanin" Hovmand選手と、Zerg使いのWenlei "ZhuGeLiang" Dai選手。『StarCraft 2』の1試合は、およそ20分前後で終わるのが通例だが、予想外の長丁場となったようだとThe Daily Dotが伝えている。

 


負けなければ勝ちとはいかない

 

Terranユニットを引っ張るViper
Terranユニットを引っ張るViper

予選第5試合は約4時間10分にわたり繰り広げられ、2013年10月の約3時間の記録をゆうに超える結果となった。試合模様は、Twitchにアップロードされた映像から確認できる。

今回の試合で、TerranのHovmand選手はRavenを主力にした。Auto-TurretやPoint Defense Droneで防衛ラインを固め、機を見て敵に攻め入る防衛重視の戦略を採用する。これに対しZergのDai選手は、Swarm Hostを大量に生産し、Locustの波状攻撃で敵陣を削る作戦に出た。Terranの陣地が削られるなか、ZergのDai選手がさらにInfestorやViperを投入する。これに対し、Hovmand選手は自陣の建造物を浮遊させ、マップの最下部へと逃げ出した。この時点ですでに試合時間は3時間20分を記録している。

Hovmand選手側には29機ものRavenが残存しており、Defense Droneを配置して敵の攻撃を防ぎ続けることができた。一方でマップ上のリソースはすでに途絶えており、Dai選手は対Ravenで有利なユニットCorruptorの数を揃えることができない。とはいえ、この状況ではHovmand選手の判定負けとみるのが自然だろう。彼が攻めるか投了しない限り、試合が終わらないからだ。単なる牛歩戦術だ。この無為な戦いは合計4時間10分にもわたり繰り広げられた。

Hovmand選手はついに無駄な抵抗だと悟ったのか、「俺はテロリストだ」「ジハード」とインゲームチャットでメッセージを送り、Zergの防衛ラインへ自軍を突入させ、ゲームは終了した。「いい試合だった!」「また次の試合で」と再びインゲームチャットでメッセージを送るが、残念ながらHovmand選手に次の試合はない。彼はテロリスト発言だけでなく、試合中にTwitchのチャットやTwitterなどをチェックする禁止行為を犯してしまった。大会規則では、相手選手の情報を盗み見ることができるためSNSの使用が禁止されている。

結果として、Hovmand選手はWorld Champion Ship 2015のファーストシーズンへの出場停止処分と、年内の監視処分が下された。The Daily Dotは、Ravenを用いたHovmand選手の遅延戦略に対し、ファンからも批判があったと続けており、彼は不名誉な記録を残したことになる。今回の処分に落胆してるかと思われたHovmand選手だが、ハッシュタグ(#FreeLillekanin2015)とともに冗談めいた反抗の意思を示し、「World Champion Shipには参加できなくなったがストリーミングすることはできる」とツイートした。なんとも人騒がせである。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog