砂に囲まれた惑星でコロニーを守りながら明日を目指す宇宙サバイバル『Osiris: New Dawn』が早期アクセスで販売開始

アメリカのカルフォルニア州に拠点を構えるReverb Gamesは、Steamにて『Osiris: New Dawn』の早期アクセス販売を開始した。価格は2480円。

『Osiris: New Dawn』は宇宙を舞台としたサバイバルアクションゲームだ。宇宙を舞台にした作品といえば、最近では惑星を転々としながら宇宙の中心を目指す『No Man’s Sky』や、宇宙船での戦闘を重ね死を繰り返しながら次のセクターを目指す『Ever Space』などがリリースされてきた。『Osiris: New Dawn』は惑星に定住して拠点を作り、身に迫る脅威を退けながらクラフトの開発を進めていくサバイバル色の強い作品となっている。

時は2046年、高速移動が可能となる「fold engine」を開発した人類は、居住可能な第二の惑星を探すために宇宙をめぐっていた。巨大組織「U.A.E」の偵察任務中に起きた不慮の事故によって、プレイヤーの搭乗していた船が砂に囲まれた惑星に不時着するところからゲームは始まる。唯一生き残ったプレイヤーは、まず穴の空いた宇宙服を修繕するためにテープをクラフトしなければならない。最低限の装備が揃えられれば、次は住むところの確保だ。拠点となるコロニーを作成し基盤を整えられれば、クラフトに必要なアイテムを収集する旅へ出ることになる。道中、プレイヤーに何度も立ちはだかるのが「エイリアン」だ。小さい虫型のものから、普段は砂に身を隠すワームの形をした巨大な敵など、バラエティ豊かな敵が襲いかかる。また本作には昼夜の概念があり、夜になると視界が悪く強敵が現れやすくなるので、どこまで遠出をするのかを計画しながら旅に出る必要がある。

拠点となるコロニーは堅牢にするだけでなく拡張していくことも可能で、食料を栽培するためのビニールハウスや、広域の索敵が可能になる施設など、プレイの助けになるような建築物や機能をクラフトすることができる。さらには乗り物を作成すれば広大な土地の移動がぐっと楽になる。装備を強化し敵の襲撃に備えながら、より惑星生活に順応できるようコロニーを拡大していくのがゲームの目標となる。

osiris1

こうしたデザインからわかるとおり、『Osiris: New Dawn』は宇宙というテーマを持ちつつも、一般的なサバイバルゲームのお約束を守ったタイトルとなっている。オンラインプレイに対応しており、荒涼した大地をひとりで生き延びるシリアスなプレイを楽しむことも、友人とコロニーを建て楽しく狩りに行くこともできる。もちろん、見知らぬ他プレイヤーに攻撃されるといったこともあり、シングルでもマルチでもサバイバルゲームの醍醐味を味わえる作品となるようだ。

詳細はまだ不明であるものの、トレイラーでは宇宙を遊泳するシーンなどもあり、開発が進めば宇宙空間に拠点を建てるといった要素が登場するかもしれない。早期アクセスは1年間を予定しており、コンテンツの拡充が進むにつれて価格は上がっていくシステムとのこと。

『Osiris: New Dawn』はPCだけでなくPlayStation 4とXbox Oneでも展開予定のようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog