ソニー、PlayStation 4上で動作するPS2エミュレーターに取り組んでいることを明らかに。すでに「Star Wars」関連のPS2ゲームが軽快に動作

ソニーは海外メディアWIERDに対し、現行世代のゲームハードで動作するPlayStation 2エミュレーターに取り組んでいることを明らかにした。現時点でこのエミュレーション機能が後方互換のように動作するのか、あるいはアーカイブス系タイトルを提供するために使用されるのかは不明。ソニーはPS2エミュの事実を認めつつも、現時点でさらなるコメントはできないとしている。

PlayStation 4にPS1およびPS2のエミュレーション機能が搭載されるという噂は先日より伝えられていたもので、この機能を利用してPS4のトロフィーに対応した両ハードのアーカイブスタイトルが提供されるのではないかと目されていた。今年9月には欧州のレーティング機関PEGIに『サルゲッチュ2』や『ダーククロニクル』などがPS4タイトルとして登録。また『サイレン2』や『ローグギャラクシー』といったタイトルがPS4上からテスト配信されていたというイメージが投稿され、噂は信ぴょう性を増していっていた。

スポンサーリンク

決定的となったのは、海外メディアEurogamerのDigital Factoryコーナーが11月19日に掲載した調査記事だ。同メディアは『Star Wars: Battlefront』に付属していた「Star Wars」関連のPS2タイトルを調べ、それらがPS2エミュレーターにて動作していると報告した。Eurogamerはまだエミュ機能の出来を判断するのは早過ぎるとしながらも、これらのタイトルは60fpsにて動作し、ビジュアルのクオリティもアップしていると伝えている。

Eurogamerが投稿した『Star Wars: Racer Revenge』のPS2/PS2エミュ(PS4)比較映像

ソニーは旧PlayStationタイトルを提供するストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」を進めているが、こちらはおもにPS3タイトルが中心となっており、アーカイブスが登場したとしても競合するようなことはほとんど無いと見てよいだろう。12月5日からはサンフランシスコにて「PlayStation Experience 2015」が開催される予定となっており、こちらでなんらかの発表があることに期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog