狂った画家の精神世界を描く「P.T.」ライクホラーゲーム『Layers of Fear』がSteamでフルローンチ、正式版では日本語字幕の追加も

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

パブリッシャーのAspyrと開発のBloober Teamは、『Layers of Fear』の正式版をSteamおよびPS4/Xbox One向けにリリースした。同作は2015年8月からSteam早期アクセスやXbox Game Previewにて配信されてきたタイトルであり、数か月の開発期間を経てフルリリースを果たした。正式版の価格は1980円となっている。

『Layers of Fear』は、狂気に陥った画家の精神世界を探索してゆく一人称視点ホラーアドベンチャーゲームだ。プレイヤーは画家の屋敷にある真っ白なキャンパスから狂気の世界へと引き込まれ、様々な体験を通じて画家にいったいなにが起きたのかを調べることになる。当初は無名の開発スタジオが手がけていたこともあり話題とはならなかったが、早期アクセスで販売後はその巧みな恐怖演出や『P.T.』リスペクトなデザインが周知され、国内外にて大きな注目を集めていった。

2014年に登場したコナミのホラーゲーム『P.T.』のフォロワーは多数登場しているが、一番早く完成にたどり着いたのがこの『Layers of Fear』だろう。同じような環境をグルグルと歩きまわるトリック、プレイヤーをつきまとう女性の化け物の存在、敵に襲われたあとに目覚めるように蘇る演出などは、とても『P.T.』らしい。そして『Layers of Fear』は単純に”『P.T.』っぽい作品”にはとどまらず、”視点”に絡んだ独自のトリックを多数盛り込んでいる。

参考記事: もし『P.T.』の続編を待っているのならホラーゲーム『Layers of Fear』は間違いなくプレイすべきだ

なお正式版のリリースと共に日本語字幕も追加されている。日本語ローカライズの機械翻訳などではなくしっかりしたもので、基本的にはゲーム内のほぼすべての文章が日本語で読めるようになっている。壁やソファなどのオブジェクト上に書かれた英文は照準を合わせると字幕が浮かび上がり、調べている最中のオブジェクトはスペースキーを押すことで字幕が表示される。

『Layers of Fear』は1980円にてSteamで配信中。『P.T.』の続編をいまだ求めているというプレイヤーは、必ずチェックしておこう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る