GOGが「GOG CONNECT」を正式発表。Steamのライブラリとリンクし対象ゲームを無料インポートできるように、もちろんDRMフリー

PCゲーム配信プラットフォーム「GOG.com」を運営するCD Projektは、新サービス「GOG CONNECT」を正式発表した。これはValveの「Steam」ライブラリ内にて対象のゲームを所持していれば、無料でGOGのアカウントへとインポートできるようになるというものだ。「GOG.com」はサービス開始以来、DRMフリーでゲームを配信してきたプラットフォームであり、プレイヤーたちは簡単にDRMフリー版を入手できるようになる。

「GOG CONNECT」の利用は簡単で、GOG.comのアカウントにログインした上で、指定のフォームからSteamアカウントでもログインし、“Import Games”ボタンをクリックするだけだ。指定のタイトルだけか、対象タイトルをすべてインポートするかを選択することができる。ただしアカウントは1度ひも付けすると変更できない模様で、GOG側は注意してSteamアカウントをリンクするよう忠告している。

スポンサーリンク

なお今回の機能は公式のSteam APIを通じて動作しており、Steamのユーザープロフィールとプライバシー設定をパブリック状態にしておかないと「GOG CONNECT」は使用できない。そのため当然の話とはなるが、基本的にゲームのセーブデータは移行できるものの、Steamのクラウドセーブや実績およびフレンドリストは引き継ぎ不可となっている。

現時点のラインナップ。まだまだ充実しているとは言いがたいが、今後増えていく予定とのこと
現時点のラインナップ。まだまだ充実しているとは言いがたいが、今後増えていく予定とのこと

PC配信プラットフォームがDMRフリー版とSteamキーをセットにして販売するモデルは珍しくない。しかし今回のように、他社のライブラリを自社のプラットフォームにまるごとリンクさせ、対象ゲームをインポートさせるサービスは異例だろう。現時点で対象タイトルが非常に少なく、SteamからGOGへと鞍替えするプレイヤーが一気に増えるとは考えづらいが、Steamに縛られていない状況で自由にゲームを楽しみたいプレイヤーにとっては魅力のサービスとなるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog