『Enter the Gungeon』がSteamなどで発売。「過去を始末できる銃」を求めてガンジョンに挑む、弾幕シューター&ダンジョン探索

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Devolver Digitalは現地時間の4月5日、Dodge Rollが開発を手がけた『Enter the Gungeon』をSteam/Humble Store/GOG.comにてリリースした。いずれのストアも14.99ドルで販売中。また、日本でのPlayStation 4版の発売日は4月20日を予定していることが、架け橋ゲームズTwitterと公式リリースPVの中で明かされた。

本作は弾幕シューティングとダンジョン探索ゲームを合体させたもので、攻略しにくい自動生成ダンジョンや恒久的な死といった要素を持つ高難度アクションゲーム。プレイヤーの目的は、ガンデッド教団が巣くうガンジョン(ダンジョンの名称)へ足を踏み入れ、「過去を始末できる銃」を探し出すこと。

参考記事:
ダンジョン探索型シューター『Enter the Gungeon』 BitSummitで味わった、射撃と回避が生み出す高揚感
ダンジョン探索&弾幕シューター『Enter the Gungeon』の発売日が4月5日に決定。ローカルCo-opや日本語にも対応

ユーモアだって忘れてはいない。このボス「キングブレット」を見るたびに、とあるファンタジー・ドラマを思い出すのは私だけだろうか。
ユーモアだって忘れてはいない。このボス「キングブレット」を見るたびに、とあるファンタジー・ドラマを思い出すのは私だけだろうか。

ガンジョンは複数のフロアで構成されており、さらに複数の部屋で区切られている。フロアにはアイテムショップや秘密のイベントなどが用意されており、ボスを倒すことで下のフロアへとつづくエレベーターを利用できるようになる。こう説明すると、よくあるダンジョン探索ゲームだと思えるかもしれない。しかし過去にも紹介したとおり、本作は弾幕シューティングをプラスしたダンジョン探索アクションゲームである。プレイヤー目がけて飛んでくる弾の数が多く、単純な円の動きでは避けられない“うまい”攻撃をしかけてくるボスもいる。一般的なダンジョン探索ゲームだと思ったら、痛い目にあうだろう。

本作は、『Rogue Legacy』と『Spelunky』、そしてDodge Rollの創設者Dave Crooks氏が影響を受けたタイトルしてあげた『The Binding of Isaac』のエッセンスをうまく取り込んでおり、失敗から学んで腕前を上げ、ふたたび挑戦しようと思わせる魅力があるといえる。難しいゲームが苦手だという方であれば、ボスを1体倒すだけでも困難かもしれないが、逆に好物だというのであれば、購入を検討してみてはいかがだろうか。

なおAUTOMATONでは『Enter the Gungeon』のレビューを後日お届けする予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog