Blizzardのカードゲーム『Hearthstone』の日本国内サービスが正式発表、事前登録でカードパック1個が手に入る

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Blizzard Entertainmentは本日、e-Sports Squareにて開催中の『Hearthstone: Heroes of Warcraft』イベントにて、同作の日本国内サービスをスタートさせると正式発表した。

対象プラットフォームはiOS/Androidスマートフォン&タブレット、Windows/Mac。日本でのローンチと同時に、すでに海外で配信されているコンテンツはすべて使用することが可能となる。詳細なローンチスケジュールは後日発表される予定だが、現時点では2015年10月末が予定されている。またすでに事前登録サイトが開設されており、登録者には無料のカードパック1個がプレゼントされる。

日本にはすでに数十万人のプレイヤーが存在しており、日本語未対応の『Hearthstone』をプレイしてきたという。待ち望まれてきた日本語版『Hearthstone』が、ついに日本に上陸することとなる。

『Hearthstone』は、『Diablo』や『StarCraft』シリーズなどで知られる米国のデベロッパーBlizzard Entertainmentが開発を進めている基本無料のオンラインカードゲームだ。プレイヤーは伝説のヒーローから1人を選んでデッキを組み、キャラクターを召喚したりマジックスペルを駆使して敵プレイヤーの打倒を目指す。かつてコアゲーマー向けのパッケージタイトルを専門に手がけてきたBlizzard初となるFree-to-Playタイトル、モバイル対応タイトルでもある。2015年5月にはアカウント数が3000万を突破したことも明らかにされており、デジタル上ではいまもっとも世界で人気のカードゲームだ。

今回の発表は、『Hearthstone』が上陸したということはもちろん、Blizzardが日本でゲームを展開したという歴史の新たな1ページでもある。過去、Blizzardはカプコンやスクウェア・エニックスに委託する形で『Diablo』シリーズを販売してきたが、それ以外のタイトルでは日本国内の展開には消極的だったといえる。『Hearthstone』はe-Sportsタイトルでもあり、国内にもプロゲーマーが存在する。今回の日本語版の登場により、国内のプロシーンやプレイヤー層の拡大がさらに加速することになるのか、今後の動きに注目したい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog