統制国家で管理人となりアパートの住民を監視するシミュレーションゲーム『Beholder』がSteamで配信開始

Alawar EntertainmentとWarm Lamp Gamesは、11月10日にシミュレーションゲーム『Beholder』の配信をSteamにて開始した。価格は900円で、11月17日までは20%オフの784円で購入できる。

『Beholder』の舞台となるのは陰鬱とした近未来の統制国家。国の役人である主人公はアパートの運営を委ねられる。プレイヤーに課せられた任務は、アパートの円滑な管理・運営ではなく、国に敵対する“反乱分子”を見つけ出すこと。表面的には住民と友好的な関係を築きながら、住民の不在時には部屋に忍び込み監視カメラを仕掛けるといった狡猾さが必要となる。

『Beholder』はアニメ調ながら残虐な表現も多く、些細な罪を犯した住民を鞭打ちするように迫られることもある。そういった状況に陥った際に住民を守るか、心を鬼にして役人としての責務を全うするかはプレイヤー次第。しかし忘れてはいけないのは、主人公にも家族がいて、なかば人質状態にあるということだ。住民を庇えば家族が危険にさらされることもあり、決断には常に“痛み”が伴う。このように、監視の方法や住民との交友、局所の決断などすべてがプレイヤーに委ねられている。この選択肢の幅広さが『Beholder』の醍醐味だと言えるだろう。詳しいゲーム説明は過去の記事を参考にしてほしい。

なお発売前、『Beholder』には日本語のサポートが予告されていたが、11月11日12時現在、まだ日本語は実装されていない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog