『7 Days to Die』は果たしてAlpha版を完成させられるのか? コンソール版の発売予定まで残された時間はあと2か月

Telltale GamesがPC用ゾンビサバイバルゲーム『7 Days to Die』のPS4版およびXbox One版を今年6月に発売すると発表したのは4月8日のこと。

本作は2013年12月にSteamの早期アクセスに登場して以来150万本以上を販売、インディー作品としては大きな成功を収めたタイトルであり、プレイ済みの読者も多いことだろう。「7日ごとにゾンビの大群に襲われる」というコンセプトと、開発元The Fun Pimps Entertainmentいわく「『Left 4 Dead』と『Minecraft』と『Fallout』の良いところだけを混ぜ、ちょいと一ひねりした」味付けがゾンビ・アポカリプス物のファンはもちろん、ゲーム内で建築や料理といったクラフト要素を楽しみたいという層にも大いにうけ、この2年間で数多くのアップデートを繰り返しつつファンに支えられてきた。

スポンサーリンク

しかし、PS4/Xbox One版のリリース発表から2週間あまりが経過した現在、Steamのユーザーコミュニティ上における反応はあまり……というよりはっきり言って非常に悪い。問題視されているのは「早期アクセスから2年たった現在もまだベータどころかアルファ版であり、数多くのバグやバランス調整の必要性を残していながら、なぜコンソール版の発売に踏み切るのか?」そして「未完成な作品でありながらDLC配信を予定している」という2つの点だ。

Alpha13でUIはじめ劇的変化したゲームシステムは従来に比べサバイバル要素を強め、インテリアも含む生産アイテムが増えたことで、より『7 Days to Die』を魅力的な作品にしており、それ自体の評価は高い。

『7 Days to Die』は大規模アップデート“Alpha 13”でスキルシステム、天気と気温、新種のゾンビなどが導入され劇的な変化を遂げたが、同時に大量のバグも発生した。もちろん、その後の細かなアップデートで早々に修正されたものも多いが、いまだに壁や閉じたドアをすり抜けてくるゾンビ、突然現れてはプレイを妨げるコマンド入力画面、突然断崖絶壁につながるユルユルすぎる地形生成、マルチプレイ下でおきる「7日ごとのHordeが発生しない」など挙げればきりがない、致命的なバグがいまだ手つかず未修整である。
定価で買えば日本円で2480円。高額とは言わないがそこそこの値段を払ったプレイヤーが、これら大量のバグや大規模アップデートのたびに悩まされるさまざまな不具合に目をつむってきた理由は、ゲームそのものの魅力はもちろんだが、ひとえに「まだ早期アクセスだから」に他ならない。

突然プレイヤーキャラが反り返って震え続ける、床の上を寝そべったまま移動しだすなど、プレイ進行に支障はないが不思議な現象がアップデートのたびに何かしら起きる。
突然プレイヤーキャラが反り返って震え続ける、床の上を寝そべったまま移動しだすなど、プレイ進行に支障はないが不思議な現象がアップデートのたびに何かしら起きる。
起伏の激しすぎる「バイオーム生成を直したよ」とのアナウンスも何度もなされたが、今度はどこまでいっても水しか見えない土地が2km……。とにかくやたらと極端な修正内容はもはや『7 Days to Die』のお約束だ。
起伏の激しすぎる「バイオーム生成を直したよ」とのアナウンスも何度もなされたが、今度はどこまでいっても水しか見えない土地が2km……。とにかくやたらと極端な修正内容はもはや『7 Days to Die』のお約束だ。
Steamユーザーコミュニティの反応

「Kickstarterであなたたちを支えたユーザーを馬鹿にしてるのか」

「待った待った待った!?7D2Dはまだアルファ版だよ、何をどうしたら開発はあと2か月でコンソールへの移植が可能だと思ってるわけ?」

「DLCだって?ふざけてる。ひどいメモリリークをまず修正してからにして」

ちなみに『7 Days to Die』公式フォーラムのほうは、もう少し好意的な声が目立つものの「つまりアルファ版を完成させるってことだよね?」「コンソール版に“早期アクセスは存在しない”って開発は理解してるのか?」と似たり寄ったりの反応だ。

もちろん先日お伝えした『Starbound』のように、長いこと停滞していた開発が突然動き出し、待望の正式リリースへ!という前例も存在する。『7 Days to Die』もひょっとすると、コンソール版発売の詳細発表と同時に、早期アクセス“卒業”というサプライズが用意されているかもしれない。フォーラムには手厳しい批判が殺到しているが、これは同時に2年経った今もなお本作に期待してくれているプレイヤーがいる証でもある。この先約2か月、開発の動向に注目していきたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog