『SAYONARA WILD HEARTS』Switch/PS4/iOS向けに来週配信へ。世界を分断させた失恋乙女が疾走するポップ・アクション

インディーパブリッシャーAnnapurna Interactiveは9月11日、『SAYONARA WILD HEARTS』を9月19日に配信すると発表した。対応プラットフォームはNintendo Switch/PS4/iOS。『SAYONARA WILD HEARTS』はAppleの定額サービスApple Arcade対象タイトルであることが公表されており、同サービスのスタートにあわせて配信が開始される。

本作は、ポップミュージックをかき鳴らしながらアクションを楽しむアーケードライクな作品だ。主人公となるのは、うら若き乙女。彼女が失恋をしてしまったことにより、バランスが崩れた世界は分断されてしまった。ショックのさなかにいる乙女はダイアモンドの蝶に導かれ、The Foolと呼ばれるバイクにまたがり、もうひとりの自分と出会う。

The Foolは、さまざまなフォームに変形するようで、たとえばバイクにまたがり街をかっとばすシーンだけでなく、剣状の乗り物として乗り空を飛んだり、もしくはバイクの上でその剣を使って戦いを始めたり。夢の中ということもあってか、かなりなんでもありだ。鹿に乗り森を進むシーンも確認できるが、これもThe Foolの変形フォームのひとつなのだろうか。バイクのシーンひとつをとっても、背後視点で進む場面もあれば一人称視点で操縦したり、俯瞰視点で見下ろしたりと多彩。型にはまらない刺激的なゲームプレイが楽しめるだろう。

本作を手がけるのは、スウェーデンのインディースタジオSimogo。『Year Walk』から『SPL-T』など、幅広いジャンルで良質なゲームを作り続けてきたスタジオ。本作はエレクトリックポップ、ダンス、アニメ、ファッション、アーケードゲーム、サブカルチャーなど、開発チームの大好きな「ポップカルチャー」のエッセンスをミックスして生まれたそうだ。ポップな世界に浸りながら、主人公として世界の平和を取り戻す。失恋というテーマを明るく彩る、かわいらしい作品になりそうだ。

『SAYONARA WILD HEARTS』は、PS4/Nintendo Switch/iOS向けに9月19日発売予定。ほかのAnnapurna Interactive作品と同様に、おそらく同作も日本語対応・日本展開がなされることだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog