オンライン“麻雀バトル”ゲーム『ウラドラシル』Steam/スマホ向けに来週リリースへ。「高速ツモり」などのスキルを駆使し役を作って相手を攻撃


株式会社ライトは3月6日、オンライン麻雀バトルゲーム『ウラドラシル』のiOS/Android版を3月13日に、PC(Steam)を3月15日に配信開始すると発表した。基本プレイ無料にて提供される。


『ウラドラシル』は、1対1でのリアルタイムオンライン対戦を楽しめる麻雀バトルゲームだ。通常の麻雀の対局とは異なり、プレイヤーそれぞれが136枚すべての牌を使用し、お互いが自由に牌をツモりながら役を作っていく。そして完成した役に応じて相手にダメージを与えることができ、先に相手のHPをゼロにしたプレイヤーが勝利だ。

相手を攻撃した際には、和了った役に応じて、相手がもつ特定の牌が一定時間動かせないロック状態となる。配牌に応じて、安い役で手数で攻めるのか、時間をかけて打点の高い役を狙うのかといった戦略が重要になるという。

また、ジャンシーと呼ばれるキャラクターたちをデッキにセットし、対戦中にその固有スキルを活用できる要素も特徴のひとつ。スキルはゲージが溜まると発動でき、たとえば自身のツモ速度をアップさせたり、相手の牌をランダムにロックしたり、ツモる牌を特定の種類にしたりなどの効果が存在する。

 


本作はシーズン制にて運営され、オンライン対戦はランクマッチ形式となる。プレイヤーはランクポイント獲得をめぐって対戦し、1シーズン内で獲得したランクポイントに応じて、ルーキーからマスターまでの7段階から自身のランクが決定。シーズン終了時には、属しているランクに応じてさまざまな報酬を得られるそうだ。このほか本作には、先述したスキルをもつジャンシーや、その進化素材などを入手できるガチャが存在する。

ウラドラシル』は、iOS/Android版が3月13日に、PC(Steam)は3月15日に、基本プレイ無料にて配信予定だ。なお本作の公式Xアカウントでは、事前登録キャンペーンが実施されている。詳細は以下の投稿を確認してほしい。