近接バトル縦スクロールSTG『クリスタルブレイカー』発表。敵と接触しても大丈夫、インファイトで壊しまくり倒しまくり


個人デベロッパーのTERARIN GAMESは1月10日、『Crystal Breaker(クリスタルブレイカー)』のSteamストアページを公開した。対応プラットフォームはPC(Steam)/Nintendo Switchで、2024年に発売予定。


『Crystal Breaker』は縦スクロール型のシューティングゲームだ。プレイヤーは性能の異なる二人から操作キャラを選択。スタンダードタイプのLaylaと近接パワータイプのJennyが存在している。そして戦闘機を操作して、ショットを撃ち込み敵を倒しながらステージの攻略を目指すのだ。ステージは複数存在し、ステージをクリアすることで次のステージが解放される。またステージ毎のスコアアタックも可能となっている。

本作では近接距離で敵にショットを撃ち込むと「クリスタルブレイク」が発生し、クリスタルが出現する。このクリスタルを一定数集めると、ボーナススコアを得ることが可能だ。なお本作では、敵本体に接触してもダメージを受けない仕様となっている。積極的に近づいて敵を倒すことで、より効率的にクリスタルを集めることができるというわけだ。また高速移動が可能となるブースト機能も存在。ブーストボタンを押すことで、素早く敵に近づいたり、敵の攻撃を避けたりすることが可能だ。


本作を手がけるのは、個人開発者のてらりん氏だ。同氏は主にシューティングゲームの開発をおこなっている人物。これまでには『Moon Dancer』や『レイジングブラスターズ』など、レトロなアートスタイルのシューティングゲームを複数リリースしている。いずれも一定の好評を獲得しており、『レイジングブレイカーズ』については本稿執筆時点のSteamユーザーレビューにて93件中98%が好評とする「非常に好評」ステータスを獲得。また今年春には、3Dシューティングゲーム『Missile Dancer 2』がSteamおよびNintendo Switchで発売予定となっている。

『Crystal Breaker』はそんなてらりん氏の新作として発表されたかたちだ。これまでの作品開発でのノウハウも発揮されていることだろう。接近戦でのバトルが重要となる特徴的なシューティングゲームの登場を楽しみにしたい。

『Crystal Breaker(クリスタルブレイカー)』はPC(Steam)/Nintendo Switch向けに2024年発売予定だ。