『Call of Duty: Modern Warfare III』お披露目、11月10日発売へ。Sledgehammer Gamesが開発担当する模様


Activisionは8月8日、FPS『Call of Duty』シリーズの最新作『Call of Duty: Modern Warfare III』のティザートレイラーを公開。本作を11月10日に発売することを明らかにした。対応プラットフォームについては未定。

『Call of Duty: Modern Warfare III』は、2022年発売の『Call of Duty: Modern Warfare II』に続く作品となる。なお、2011年に同名作品が発売されているが、同じく同名が採用された前作同様、世界観を共有しながら新たなアレンジが施されたゲーム内容になるものと考えられる。

公開されたティザー映像では、「ついに終わったんだ」「こいつを知ってる」などのセリフが流れるなか、「Modern Warfare」シリーズに登場してきたタスクフォース141所属のジョン・プライス大尉と思しき顔が映し出される。そしてその後には、本作での宿敵らしき男の顔も垣間見える。また、トレイラーが公開されたYouTubeの概要欄には「究極の脅威が待ち受ける」とのコメントも記載されており興味深い。


なお今回のティザー映像公開については、Activision傘下デベロッパーのうちSledgehammer Gamesが唯一SNSに投稿していることから、同スタジオが開発を担当していることが濃厚。Sledgehammer Gamesは、2011年発売の『Call of Duty: Modern Warfare 3』に開発協力したのち、『Call of Duty: Advanced Warfare』の開発をメインに担当。その後、『Call of Duty: WWII』や『Call of Duty: Vanguard』も手がけている。

『Call of Duty: Modern Warfare III』は、11月10日発売予定。対応プラットフォームは未定だ。約3か月後にはローンチを迎えるため、そう遠くない時期に続報が公開されるだろう。