MMORPG『黒い砂漠』推奨ゲーミングPCがG-Tuneより本日発売。3機種展開でニーズにあわせたプレイに対応

Sponsored Content


マウスコンピューターは6月14日、同社のゲーミングPCのBTOブランドG-Tuneより、MMORPG『黒い砂漠』推奨ゲーミングPCを発売した。インテルCoreプロセッサーとGeForceシリーズのグラフィックボードを搭載した3種類のPCが、ラインナップとして登場している。


『黒い砂漠』は、韓国のゲーム開発会社Pearl Abyssが手がける基本プレイ無料MMORPGだ。日本では2015年よりゲームオン運営のもとサービスが開始され、2020年よりPearl Abyssに運営が移管されてサービスが継続されている。本作は、戦闘や攻城戦、探検といった要素のほかに、貿易や釣り、生産など、生活コンテンツも豊富に用意されていることが特徴のひとつだ。さらに、美麗なグラフィックも特徴に挙げられる要素であり、2018年におこなわれたアップデートによって、最大144fps の4K画質に対応している。

詳細なキャラクタークリエイトができることも、『黒い砂漠』の特徴のひとつだ。こだわって作成した自分のキャラクターを、最高設定のグラフィックで操作したいという人も多いだろう。そんなプレイヤーに推奨となるゲーミングPCが、G-Tuneより発売される。今回発売したゲーミングPCは、以下の3種類だ。

【1】実況配信からVRまでマルチに対応するデスクトップパソコン
モデル名:G-Tune PG-I7G6T
OS:Windows 11 Home 64ビット
CPU:インテル Core i7-13700F プロセッサー
グラフィックス:GeForce RTX 3060Ti
メモリ:16GB(8GB×2/デュアルチャネル)
M.2 SSD:512GB(NVMe)
WEB販売価格:24万9800円(税込)

【2】快適さや映像の美しさにこだわるゲーマー向けデスクトップパソコン
モデル名:G-Tune FZ-I7G7T
OS: Windows 11 Home 64ビット
CPU:インテル Core i7-13700KFプロセッサー
グラフィックス:GeForce RTX 4070Ti
メモリ 32GB(16GB×2/デュアルチャネル)
M.2 SSD:1TB(NVMe Gen4×4)
WEB販売価格:40万9800円(税込)

【3】ゲームプレイや動画配信など多種多様な用途で活躍するデスクトップパソコン
モデル名:G-Tune FZ-I9G80
OS:Windows 11 Home 64ビット
CPU:インテル Core i9-13900KFプロセッサー
グラフィックス GeForce RTX 4080
メモリ 32GB(16GB×2/デュアルチャネル)
M.2 SSD:1TB(NVMe Gen4×4)
WEB販売価格:52万9800円(税込)

以上が、『黒い砂漠』推奨ゲーミングPCのラインナップとそれぞれの構成である。4K解像度でゲームが楽しみたい、という人は説明にあるとおり、【2】か【3】のいずれかで検討するといいだろう。ちなみに、価格は基本価格となっており、別売りのディスプレイやマウス、キーボードを追加するなど、構成を変更することで価格が変わることは留意されたい。

さらに、『黒い砂漠』推奨ゲーミングPCの先着購入特典として、2000円相当のクーポンが手に入るそうだ。また、購入者以外に向けたクーポンプレゼントキャンペーンも開催されている。PC本体やキャンペーンについての詳細は、公式サイトやTwitterを確認するといいだろう。

『黒い砂漠』推奨ゲーミングPCは、G-Tune WEBサイト、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、G-Tune:Garage大阪で発売中。