Steamコーヒー店経営ゲーム『Espresso Tycoon』6月7日発売へ。自由自在オリジナルドリンクづくりで世界展開の夢を追う


PlayWayは5月25日、『Espresso Tycoon』を6月7日に発売することを発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)。現在Steamでデモ版が配信中だ。なお本作はSteamストアページ表記によると、日本語にも対応する予定だ。

『Espresso Tycoon』は、コーヒーをテーマとしたカフェ経営シミュレーションゲームだ。プレイヤーは店舗を立ち上げ、オリジナルのコーヒーを開発し、予算を管理しながらコーヒービジネスを展開させていく。本作は現実にも存在する大型コーヒーチェーン店の規模で、本格的な店舗運営を体験できるのが特徴となるようだ。

本作では、店舗経営に必要な仕事の多くをプレイヤーがおこなっていく。椅子やテーブルの設置、材料の注文からカフェメニューの作成まで、どのようなお店を作るかは自由に決めることができるようだ。また、店舗の運営にはスタッフの配置も必要となる。バリスタやウェイター、清掃員などを雇っていこう。もちろんこうした店の運営にはお金が必要となるので、プレイヤーの財務管理が重要となる。


また、本作における顧客たちにはそれぞれ詳細な情報が設定されている様子。プレイヤーは彼らの店への評価を覗きみることが可能なようだ。これによってコーヒーの味の好みや値段設定、店舗内装への評価などを知ることができるのだ。定期的に顧客からの意見を反映させることが、商売繫盛につながるだろう。

さらに本作には、簡単にオリジナルのコーヒーレシピを作成できる「3Dコーヒーエディター」という機能が存在。これによってプレイヤーは、どのコーヒー豆を使用するか、コーヒーやミルクの比率の調整、トッピングは何を乗せるかなどを分かりやすく構築することができるのだ。また、本作ではビジネスマン、学生といった客層ごとに好みが設定されている。コーヒーエディターでは、開発中のコーヒーが各分類の人たちにどれくらい好まれるかを知ることが可能。利益を生むためには戦略的な商品開発も必要となってくるだろう。


本作では異なったミッションをこなしていくキャンペーンモードや、自由にお店のカスタマイズができるサンドボックスモードなどが用意されている。またトレイラーを見るに、ロサンゼルスやシドニーなど世界各地の10か所でコーヒービジネスを展開することができるようだ。コーヒーの材料やトッピングなど、カスタマイズアイテムも約1000種類用意されているとのこと。

本作を手がけるのは、ポーランドに拠点を置くDreamWay Gamesだ。同国に拠点を置いたパブリッシャーPlayWayから投資を受けており、魔法使いが塔を管理&防衛する『Ankh Tower: Protect The Fortress With Dark Magic』など複数の作品を現在開発中。中でも本作は2022年2月にプレイテストが実施されるなど、優先的に開発が進められてきた様子だ。そして本作は、同スタジオの初作品としてリリースされるかたちとなる。

『Espresso Tycoon』はPC(Steam)向けに6月7日発売予定だ。