『ストリートファイター6』オープンベータ5月19日〜22日に開催決定。CBT2と同じ計8体のキャラが使用可能、バトルハブでの対戦などを楽しめる


カプコンは5月9日、対戦格闘ゲーム『ストリートファイター6』のオープンベータを、5月19日16時から5月22日16時にかけて実施すると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)/PS5/Xbox Series X|Sで、以下の条件を満たしているユーザーなら誰でも参加可能。

■参加条件・方法

・本作の対象年齢(15歳以上)を満たしている方
・参加可能な環境を所有している方
・希望するプラットフォームのアカウントをお持ちの方
・「CAPCOM ID」に登録・プラットフォーム連携している方

『ストリートファイター6』は、対戦格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズの最新作だ。キャラクターを使い対戦するファイティンググラウンドのほか、プレイヤーの分身となるアバターを作成してストリートファイターの世界を旅するワールドツアー、プレイヤー同士が交流するバトルハブといったゲームモードが収録。新入力システムやバトル自動実況機能なども実装される。

今回実施されるオープンベータでは、プレイヤー同士の対戦などを楽しめるバトルハブにアクセスできる。初回プレイ時にはアバターを作成し、ランクマッチやカジュアルマッチ、バトルハブマッチ、オープントーナメント、トレーニングモードを利用可能。また、ハブグッズショップやエクストリームバトル(日替わり)、ゲームセンター(日替わり)、チャレンジ(日替わり)、DJブース、フォトスポットも用意される。


オープンベータでの使用可能キャラクターは、リュウ、春麗、ジェイミー、ルーク、ガイル、キンバリー、ジュリ、ケンの計8体となる。これらの利用可能なキャラクターやゲームモードなどは、昨年12月におこなわれたクローズドベータテスト2と同じもの。なお、製品版向けには既にさらなる調整がおこなわれており、オープンベータ版と製品版ではキャラクターバランスなどが異なる部分があるとのこと。

ちなみに、製品版には初期キャラクターが計18体収録予定。上述した8体に加えブランカやダルシム、キャミィなどのほか、新キャラのリリーやマノン、マリーザ、JPも登場。さらに、1年目の追加キャラとしてラシード、A.K.I.、エド、豪鬼が順次配信予定となっている。

『ストリートファイター6』は、PC(Steam)/PS5/Xbox Series X|S向けに6月2日発売予定。そしてオープンベータは、5月19日16時から5月22日16時にかけて実施予定だ。事前ダウンロードは5月16日16時に開始される予定となっている。CAPCOM IDへの登録・プラットフォーム連携など、参加方法の詳細は公式サイトを確認してほしい。