協力プレイ対応シューター『グリッチバスターズ:スタックオンユー』5月23日発売へ。『Warlander』開発元が贈る新作


パブリッシャーのSkybound Entertainmentとデベロッパーのトイロジックは3月22日、協力プレイシューター『グリッチバスターズ:スタックオンユー』(以下、グリッチバスターズ)を5月23日に発売すると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)/PS4/Nintendo Switchで、ダウンロード専用タイトルとしての販売になる。PS4版は後方互換機能によりPS5でもプレイ可能とのこと。

『グリッチバスターズ』は、三人称視点の3Dアクションシューティングだ。舞台は遥か未来、インターネット上の世界。蔓延する邪悪なコンピューターウイルスに対して、プレイヤーはレスキューチーム「グリッチバスターズ」の隊員として立ち向かう。敵を倒して困っている住民を救い出し、ネットの世界を救うのがこのゲームの目的だ。


ステージには謎のウイルスの影響により、さまざまな敵や障害物が配置されている。プレイヤーの分身である「チューバー」は体が磁石になっており、磁力を使ったアクションが可能だ。引き合う力を利用して敵にタックルしたり、ほかのプレイヤーと協力してギミックを解除したりと、ステージ攻略にはほかのプレイヤーとの協力プレイが鍵を握る。最大4人までのマルチプレイに対応しているほか、AI操作のCPUとプレイすることもできる。敵の攻撃を受けてライフが0になっても、ほかのプレイヤーに助けてもらうことで復帰可能だ。


絵文字やスマートフォンといった、インターネットの世界をモチーフにした世界観も本作の特徴のひとつ。にぎやかな大都市の「チューブシティ」や、荒れ狂う火山の「レビューマウンテン」など、ネットをモチーフにした個性あふれる6つのワールドで多彩なミッションやボスバトルに挑戦できるという。


本作を手がけるのは、国内の開発会社トイロジック。過去には、基本プレイ無料のオンライン城攻めアクション『Warlander』などを手がけている。本作『グリッチバスターズ:スタックオンユー』の開発陣としては、ディレクターに落合勇介氏、リードプロデューサーに西井良哉氏が参加。また漫画家・イラストレーターとして活躍するしりもと氏がキャラクターデザインおよびメインコンセプトアートを担当している。

『グリッチバスターズ:スタックオンユー』は、5月23日発売予定。対応プラットフォームはPC(Steam)/PS4/Nintendo Switch。PS4版は後方互換機能によりPS5でもプレイ可能とのこと。