波乗りアクションアドベンチャー『Wavetale』12月13日発売へ。水没都市を舞台に描かれる心温まる物語

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Thunderful Gamesは10月28日、アクションアドベンチャー『Wavetale』を日本時間12月13日に発売すると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)およびNintendo Switch/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S。新たなトレイラーも公開されている。公式サイトによれば、本作は日本語にも対応する。

『Wavetale』はアクションアドベンチャーゲーム。主人公はシグリッド(Sigrid)という少女。住んでいる島ストランドヴィル(Strandville)が謎の津波に襲われたのち、水面に映る影が足場のように自分を支えてくれることに気づく。まるで鏡の上を歩くかのように水の上を歩く力を手に入れたのだ。水没しかけた町を舞台に、謎の海のモンスターから島民を救いつつ、「水面下」に隠された秘密を発見する冒険が始まる。


町には観覧車や時計台など、動かなくなってしまった巨大なギミックがある。スパークと呼ばれる動力源を集めることで、これらの止まってしまった装置を動かすことができ、そうすることで探索できる範囲が増える。パズルゲームとしての要素も強い作品になっている模様だ。


キュートなグラフィックやキャラクターも特徴だ。主人公のシグリッドはなかなかに生意気な女の子。体験版では、そんなシグリッドのことを心配する、怒りっぽいおばあちゃんが登場。また人生にうんざりしている漁師、秘密を抱えた世捨て人、海賊なども確認できる。時には特徴的な人物たちと交流しながら、物語が進むようだ。さらに本編では主人公の帽子、ヘアカラー、衣装を変えることができるという。ビジュアルはかなり細かく作り込まれており、水上移動では迫力ある水の演出が楽しめる。建物は幻想的で美しいながらも、水没しかけた町の寂しさを感じさせるデザインになっている。


ストーリーの詳細は明かされていないものの、Steamストアページによれば、「喪失と和解を描いた心温まる物語を体験できる」とのこと。世界で一体何が起こったのか、そしてシグリッドたちの運命とは。プレイヤーは水中に潜む謎を解き明かしながら、物語の核心に迫っていくことになるだろう。


本作の開発を手がけるのはThunderful Development。スウェーデンのパブリッシャーThunderful Gamesの、ゲーム開発部門だ。これまでに『LEGO Bricktales』や『Curious Expedition 2』のパブリッシングをおこなってきたThunderful Games。今回の『Wavetale』は自社開発の作品となるわけだ。なお本作はすでに、Googleが海外向けに運営するクラウドゲームサービス「Stadia」で発売中。一方でStadiaは、2023年1月18日にサービス終了することが発表されている(関連記事)。対応プラットフォームの拡大で、幅広いユーザーが遊べる機会となるだろう。

なお公式サイトによれば本作は日本語にも対応する。Steamストアページ表記では日本語未対応となっているものの、体験版でもゲーム内設定から言語を日本語に変更してプレイすることができた。スピーディーな水上移動だけでなく、物語も日本語で楽しむことができそうだ。『Wavetale』はPC(Steam)/Nintendo Switch/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに12月13日配信予定。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る