Steam弾幕ローグライクアクション『Rogue : Genesia』がじわじわと人気。偉大なる先達の諸要素を踏襲しつつ調和させた手堅い作り込み

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

先日PC(Steam)向けに早期アクセス配信開始された『Rogue : Genesia』が少しずつ、しかし確実に注目を集めているようだ。リリースから約1週間でSteam同時接続者数がじわじわ右肩上がり。直近のピーク時では2500人以上のユーザーが本作を楽しんでいたほか、ユーザーレビュー評価も上々のようだ。

『Rogue : Genesia』はローグライクアクションだ。プレイヤーは四方八方から近づいてくる敵の猛攻をしのぎながら、攻撃をおこなったり逃げたりすることになる。敵を倒して得た経験値で新しいアビリティカードを獲得し、自己強化を重ね、自動攻撃にてひたすら敵を撃退し続けることになる。一方で、アビリティのバリエーションは豊富である。本作では突っ立っているだけでは勝てず、シナジーのあるアビリティの組み合わせを試行錯誤したり、臨機応変に逃げたりする必要がある。そして戦闘後に手に入る資源で、次回プレイ以降の初期ステータスを永続的に底上げすることもできる。


ここまでのシステムは、近年フォロワー作品が多数リリースされている『Vampire Survivors』(およびそのベースとなった『Magic Survival』)とほぼ同様。『Rogue: Genesia』も、そうしたフォロワーのひとつといえるだろう。本作が『Vampire Survivors』フォロワーとして特徴的なのは1ステージが短めな「Rogs’ Mode」を盛り込んでいることだ。こちらでは1ステージは数分ほど生存、もしくは一定数の敵の撃破でクリアとなり、次のマスに進める。

どこからどこへ進めるかは、事前にマップとして開示されている。次のマスといっても、戦闘ステージとは限らず、宝箱やショップ、あるいは内容が伏せられたマスなども用意されている。敵を倒して経験値を得るか、店や宝箱で手早くカードを得るかはプレイヤーの判断次第。アビリティの取得だけでなくステージ進行においても選択の幅が広くなっており、ひたすらサバイバルするのとは違った面白さのモードとなっている。ほか作品に例えるなら、『Vampire Survivors』のステージを『Slay the Spire』のマップ形式で渡り歩いてゆくようなモードとなっている。また、『Vampire Survivors』形式となる、単一ステージでの長時間サバイバルモードもサポートしている。


本作はビジュアルもユニーク。全体としてディテールまでしっかり描かれており、奥行きもしっかり表現されている。その一方で、そこに表示されるオブジェクトやキャラクターはドット絵で描かれている。メインとなる戦闘ステージでこそ見下ろし視点ゆえ奥行きをあまり感じられないが、道中では自然の中にオブジェクトやキャラクターが立体的に配置され、血なまぐさい戦闘ステージとの対比もあって、コントラストが引き立つ。『オクトパストラベラー』で採用されたHD-2Dを彷彿とさせる表現だ。

Steamレビューは、本稿執筆時点で514件が寄せられており、うち95%が好評。「圧倒的に好評」のステータスを獲得している。理由としてはやはり決して高額ではない価格設定と、プレイの手軽さがあげられる。そしてゲームシステムも自体も土台がしっかりしている。未実装の要素もあるが、ゲームとしてはすでに十二分に遊べる。偉大な先達の築き上げたシステムをベースに本作ならではの表現も施されている。まだまだ拡張の余地を残しており、今後どのような変化を遂げてゆくのか楽しみな作品だ。

『Rogue : Genesia』はSteamで早期アクセス配信中。価格は310円。今はリリース記念セール中で、279円で購入可能となっている。デモ版も公開されている。興味があればぜひプレイしてみてほしい。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る