『スペースチャンネル5』と『コミックスゾーン』が映画化へ。セガが米国メディア企業と映画作品開発について合意

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

セガは8月20日、『スペースチャンネル5』と『コミックスゾーン』の映画作品開発をおこなうことについて、米国ピクチャースタート社と合意したと発表した。公開時期は未定。

ピクチャースタート社は2019年設立のメディア企業で、映画・テレビ・オーディオのプロジェクトを数多く手がけている。これまでに制作・出資した映画作品としては、「UNPREGNANT」や「Am I OK?」「チャチャ・リアル・スムース」などが挙げられる。またゲーム作品の映画化では、『ボーダーランズ』をもとにした実写映画が制作中だ。

*VR版『スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー』のトレイラー

『スペースチャンネル5』は、未来の宇宙放送局の新米リポーターうららを主人公とするミュージカルアクションゲームだ。モロ星人という謎の宇宙人によって踊ることを強いられた人々を、ダンスバトルで救出する。相手のダンスステップをなぞって倒すゲームプレイや、レトロフューチャーな世界観、ユーモア溢れるキャラクターたちなどが特徴である。本作は1999年にドリームキャスト向けに発売され、その後移植版や続編もリリースされている。

『スペースチャンネル5』の映画製作に向けては、ビリー・ボブ・ソーントン、エバ・ロンゴリア出演のクライムコメディ映画「ギャングバスターズ」の監督・脚本を務めたバリー・バトルズ氏と、サウス・バイ・サウスウエストEmerging Visions賞ノミネートのSF映画「EXTRACTED」の監督・脚本のニル・パニリー氏が、共同で脚本を手がけるとのこと。

*モバイル版『コミックスゾーン』のトレイラー

『コミックスゾーン』は、1995年にメガドライブ用に発売されたアクションゲームだ。主人公は、漫画「コミックスゾーン」を連載し人気の漫画家スケッチ・ターナー。彼は自身の漫画の世界に迷い込み、脱出をかけてミュータントたちと戦う。アメコミのページの中でゲームが展開し、コマからコマへと移動していくユニークなステージ進行が採用されている。

『コミックスゾーン』の映画製作に向けては、エミー賞受賞のHBO MaxオリジナルTVアニメシリーズ「ヤング・ジャスティス」や、映画「ヒックとドラゴン」のスピンオフテレビアニメシリーズ「Dragons: The Nine Realms」などの脚本を手がけるメイ・キャット氏が、脚本を担当する。

また、ピクチャースタート社の設立者&CEOのエリック・フェイク氏およびロイス・リーブス=ダービー氏が両プロジェクトを統括。同社の経営陣でもあるサミー・キム・ファルベイ氏と共にプロデューサーを務めるとのこと。

*映画「ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ」のPV

セガからも、同社副社長Co-COOの内海州史氏が両プロジェクトを統括する。また映画「ソニック・ザ・ムービー」シリーズのプロデューサーであり、TVシリーズ「ソニックプライム」のエグゼクティブ・プロデューサーである中原徹氏が、プロデューサーとして両作品に参加。さらに『スペースチャンネル5』の映画には同社ゲームディレクターの吉永匠氏が、『コミックスゾーン』の映画にはゲームプロデューサーの下村一誠氏が、それぞれ参加する予定とのことだ。

セガのゲーム作品をもとにした映画というと、2020年公開の「ソニック・ザ・ムービー」が大ヒットを記録したことが記憶に新しい。また続編となる「ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ」が、ちょうど昨日8月19日に国内公開された。これらの作品は、実写による役者の演技と、ソニックなどのCGキャラクターを組み合わせた表現を採用。『スペースチャンネル5』と『コミックスゾーン』の映画は、どのような作品となるのか注目される。




※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

国内外のゲームニュースを好物としています。購入するゲームとプレイできる時間のバランス感覚が悪く、積みゲーを崩しつつさらに積んでいく日々。