侍映画風アクション『Trek to Yomi』5月5日に配信決定。モノトーンで描かれる日本を舞台にする剣戟アクション

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Devolver Digitalは4月5日、Flying Wild Hog/Leonard Menchiariが手がけるアクションゲーム『Trek to Yomi』を、5月5日に配信すると発表した(Steamでは5月6日に国内配信)。対応プラットフォームはPC(Steam)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S。Xbox/PC Game Pass向けにも提供される。
 

 
『Trek to Yomi』は、封建時代の日本を舞台にするアクションゲームだ。若き侍である主人公の大輝は、謎の集団に襲われ死に瀕する師匠への誓いとして、自分の住む里と愛する人々を守ることを決意。そして戦いの旅に出ることとなる。

本作は全編モノトーンのビジュアルを採用し、往年の侍映画を彷彿とさせるようなカメラワークや映画的演出が特徴。日本の風景を切り取ったステージを進み、待ち受ける敵と対峙する。刀を使った攻撃や防御、また相手の攻撃を受け流すスキルなどを駆使して、敵を斬り捨てていくのだ。また、ステージには探索要素も存在し、飛び道具や収集アイテムなどを発見できることがあるとのこと。
 

 

 
本作は海外スタジオが開発している作品だが、日本を舞台に侍を描いているとあって、音声は全編日本語にて収録。主人公の大輝は加藤将之さん、師匠の三十郎は白熊寛嗣さんが担当し、ほかにも後藤ヒロキさんや大塚明夫さんなど、日本の著名声優陣が名を連ねている。

『Trek to Yomi』は、PC(Steam)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに5月5日配信予定(Steamでは5月6日に国内配信)。Xbox/PC Game Pass向けにも提供される。予約購入には10%の割引が適用され、PC(Steam)版の場合は1845円で購入可能となっている。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る