和風ローグライトアクション『サムライブリンガー』4月21日リリースへ。数多の戦技を身につけ、ヤマタノオロチを討伐せよ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

弊社アクティブゲーミングメディアのゲームパブリッシングブランドPLAYISMは4月1日、『サムライブリンガー(Samurai Bringer)』を4月21日にリリースすると発表した。対応プラットフォームはNintendo Switch/PS4/PC(Steam)。価格は980円。 
 

 
『サムライブリンガー』は、プレイするたびに変化するステージで数多の侍衆や妖怪たちと戦う和風ローグライトアクションゲームだ。主人公は荒神スサノヲ。スサノヲは生贄となったクシナダを救うべく、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に戦いを挑むが失敗。力を奪われたスサノヲは、時の狭間から召喚された侍衆や妖怪と戦いながら、己を鍛え直すこととなる。敵を倒して武功を積み重ね、ふたたび八岐大蛇の討伐に挑むのだ。 
 

 
本作の特徴は、自分だけのコンボアクションを構築できる点だ。ステージの道中では、迫りくる敵を倒すことで「戦技の巻物」が入手できる。戦技の巻物からは、薙ぎ払いや突き、ジャンプといった戦技が身につけられる。そして身につけた戦技を自由に組み合わせることで、オリジナルのアクションコマンドがつくれるのだ。ステージは自動生成されるため、道中立ちはだかる敵が毎回異なり、手に入る戦技も変化する。幾多のステージを攻略し、さまざまな戦技を入手。自分だけのコンボを構築しよう。 

なおステージ内には、100人以上の伝説的な猛将が出現する。猛将を見事討ち取れば、さまざまな効果が付与された強力な武具が入手できる。戦いが有利になるだけでなく、装備することでスサノヲのビジュアルも変化するようだ。織田信長や伊達政宗、真田幸村といった戦国武将になりきり、八岐大蛇の討伐を目指そう。 
 

 
本作を開発するのは、国内のインディーゲームデベロッパーであるアルファウィング。過去には、ド派手な魔球がコート上を飛び交うテニスバトルアクションゲーム『ガチンコ★テニスS』をリリースしている。本作も同様に、ピクセルアートのような3Dグラフィックや、ユニークなバトルシステムが光る作品となりそうだ。 

『サムライブリンガー』は、Nintendo Switch/PS4およびSteam向けに4月21日リリース予定だ。 

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る