『Apex Legends』ジブラルタルは改修されるかも、開発者が言及。プロシーンで大人気のプロテクトドームにメスが入るか

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Apex Legends』にて、ジブラルタルがリワークを受ける可能性があるようだ。Respawn Entertainmentにてライブバランスデザイナーを務めるJohn Larson氏が、海外メディアDexertoのインタビューに回答している。 

Larson氏によれば、ジブラルタルは現状の高レベル帯やプロシーンにおいて、「必須」レベルでピックされているという。同氏の言葉を裏付けるのが、下記ツイートに見られる海外有志のデータだ。公式大会Apex Legends Global Series (ALGS)のプロリーグレギュラーシーズン・スプリット1第9節から第11節について、プロチームが使用したレジェンドのピック率を確認できる。 
 

 
本データによれば、ジブラルタルは北米地域にて455回ピックされ、99.8%ものピック率を誇る。EMEAリージョンにおいてはやや抑えめとなるものの、それでもピック率は78.4%にもなり、全レジェンド中1位で突出している。さらに、チャンピオンシップの下に位置するALGSプレーオフでも状況は同様。1月23日に開催されたプレーオフでは、北米にてすべてのチームがジブラルタルをピックしているとのデータが明らかになっている。 

こうした状況について、Larson氏はジブラルタルの戦術アビリティが一因になっていると分析している。ジブラルタルの能力であるプロテクトドームは、半円状のシールドを展開する能力。内側と外側の両方の攻撃をブロックし、360度いずれの銃撃も防ぐことができる。Larson氏はプロテクトドームについて、「戦闘をリセットする」ツールとして有効であると言及。チームが一旦戦線から離脱し、態勢を立て直すうえでドームが利用されているという意味だろう。プロチームが戦況をコントロールする上で積極的にジブラルタルを採用している理由も頷ける。 

一方、Larson氏はジブラルタルのピック率について問題であると感じている模様。というのも同氏によれば、ジブラルタルは「楽しくはないのに、必要に迫られて」ピックされているというのだ。その要因について、Larson氏はジブラルタルのクールダウンタイムの長さについて言及している。ジブラルタルの戦術アビリティのクールダウンタイムは30秒、アルティメットアビリティについては270秒が必要。Larson氏としては、キー/ボタンを押すことが楽しいアビリティであることが望ましいそうだ。 
 


 
ジブラルタルの強力さについては、ユーザーからも指摘されてきた。たとえばスウェーデンのeスポーツチームAllianceのHakis選手が昨年12月、「ジブラルタルのプロテクトドームにHPを設定すべきだ」といった意見をツイートしている。しかしLarson氏としては、ドームにヘルスをつけるといった案は好ましくない様子。高レベル帯やプロシーンに与える影響が大きすぎるというのが理由だそうだ。 

今後ありうる変更として、Larson氏はジブラルタルの攻撃能力に何らかの手を加える可能性を示唆した。おそらくアルティメットアビリティの防衛爆撃か、よりアグレッシブに戦術アビリティを使うケースに関して、何らかの使用感が変更されるのだろう。具体的なリワーク実施時期については、Larson氏から明かされることはなかった。というのも、ジブラルタルはカジュアルプレイヤー含む全体のピック率としては、そう高くないところに位置する。 

海外メディアDexertoが報じたデータによれば、『Apex Legends』プレイヤー800万人のうちジブラルタルのピック率は3.7%、19名中12位というポジション。プロシーンでの使用率に比べ、全体としてのピック率はそう高くないのだ。そのため、Larson氏としてはジブラルタルを急激にナーフし、カジュアルプレイヤーのさらなるジブラルタル離れを招きたくはない考えだろう。 
  

 
シーズン12が迫るなかで明かされたジブラルタル改修の可能性。Larson氏としては、「誰もやりたくないけど選ばざるを得ない」キャラクターではなく、「最強ではないが選びたくなる」レジェンドにすることが目標だそうだ。はたしてプロシーンにおけるジブラルタル無双状態が今後どのように変化していくのか、動向を見守りたいところだ。 

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る