Googleが「Google Play Games」をWindows向けに2022年から提供へ。Android向けゲームをPCで楽しめる

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Googleは12月10日、「Google Play Games」すなわちAndroid向けゲームを、2022年にPC向けにも展開することを、同日開催されたイベントThe Game Awards 2021にあわせて明らかにした。
 

 
Googleは、Google Playストアを通じてゲームなどのアプリをAndroidスマホやタブレット、またChromebookに提供している。そして、2022年からはWindows PC向けにも展開し、Android向けゲームをさらなるゲーマーに届けていくという。マイクロソフトと協業するのではなく、Googleが独自に提供するとのこと。対応OSはWindows 10以上。ユーザーはスマホなどでプレイしていた続きを、PCにて楽しむことができるようになるそうだ(The Verge)。

PC上でのAndroidアプリの利用というと、「BlueStacks」や「NoxPlayer」などのエミュレータが存在。また、マイクロソフトはAmazonと協力して、Windows 11向けに「Amazon Appstore」を提供し、同ストアで配信されるAndroidアプリの動作をサポートする予定となっている。ここに、本丸ともいえるGoogle Playが参入するかたちとなる。なお、クラウドストリーミングではなく、ローカルでAndroidアプリが動作するとのこと。Googleが独自にエミュレータを開発しているのか、他社と協力しているのかは明かされていない。
 

(Windows 11向け「Amazon Appstore」は、現在米国内のWindows Insider Program参加者向けにテスト中)

 
Android向けゲームは、当然ながらスマホやタブレットでのプレイに最適化されている。一方で既存のエミュレータにおいては、大画面・高画質であったり、より滑らかな描画で楽しめたり、キーボード&マウスでのプレイが可能であったりなど、PC上ならではのメリットがあるようだ。Googleが直接参入するとなると、互換性や安定性の高さも期待される。続報に注目したい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る