オープンワールドARPG『エルデンリング』各ハードでの動作パフォーマンス判明。PS4やXbox One、また次世代機ではどれほど動くのか

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

バンダイナムコエンターテインメントヨーロッパの公式サイトに、『エルデンリング』の動作スペックが記載されている。オープンワールドゲームとして、次世代機にも対応して開発されているフロム・ソフトウェアの新作。そのスペックが明らかにされている。開催が迫るネットワークテストに先駆けて、各ハードでどのように動くかが明らかにされた。


まずはPlayStationでどのように動くかを見ていこう。PS4では、解像度は最大1920x1080pの、フレームレートは最大30fpsにて動作するという。PS4Proでは、チェッカーボードレンダリングでは最大3200x1800p、最大30fpsで動作。PS5においては、最大3840x2160pの、最大60fpsで動作するという。PS5版は解像度を優先するモードか、フレームレートを優先するモードかを選ぶ形式のようだ。

なおPS5版は、パッチを当てることでレイトレーシングに対応するとのこと。PS4/PS4 Pro/PS5いずれのハードでもHDRで対応。PS4版のセーブデータをPS5に転送することも可能という。ただし、PS5に移したセーブデータを、PS4に戻すことはできないという。


またXbox One(Xbox One S)は、解像度は最大1600x900p、フレームレートは最大30fpsで動作。Xbox One Xにおいては解像度3840x2160pで、最大30fpsで動く。Xbox Series Sでは最大2560x1440p、最大60fpsで動作。Xbox Series Xでは、3840x2160pにて最大60fpsで動く。Xbox Series X|Sについては、解像度を優先するモードか、フレームレートを優先するモードかを選ぶ形式のようだ。

Xbox One S/Xbox One X/Xbox Series S/Xbox Series XはHDRをサポート。Xbox Series X版については、パッチを当てることでレイトレーシングに対応するそうだ。なおXbox One(S/X含む)からXbox Series X|Sへのセーブデータ転送は可能で、こちらは次世代から前世代に戻すことも可能とのこと。


PC版についても、最大3840x2160pの最大60fpsで動作。HDRはサポートされ、パッチを当てることでレイトレーシングにも対応する。まとめると、前世代版は900~1080pにて最大30fpsで動作。次世代機は最大4K/60fpsで動作、ただし解像度かフレームレートかどちらかを選ぶ形式になる。あくまでいずれのパフォーマンスも「最大」であるので、実際のゲームを動かさなければわからない。とはいえ、どれほどの動作が期待できるかの目安になりそうだ。

なお本作では次世代機向けのアップグレードなどもサポート。PS4版購入者については無料でのPS5版へのアップグレードが可能で、セーブデータ移行にも対応する。ただし、PS4パッケージ版購入者はアップグレードにあたり、光学ドライブのあるエディションのPS5が必要だ。そして、Xbox One(S/X含む)/Xbox Series X|S版の購入者は、「スマートデリバリー(Smart Delivery)」機能を利用して上述のいずれのXbox機種でも本作をプレイできる。

『エルデンリング』は2022年2月25日、PC(Steam)およびPlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに発売予定。




※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る