『フォートナイト』iOS版をめぐる裁判、Appleが命じられた「外部決済手段の開放」について保留申し立て。消費者などの保護を目的に

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Epic GamesがAppleと争っている米国での裁判は、今年9月に一審判決が下った。そこで出された差し止め命令について、Appleが命令を保留にするよう求める審判請求書を提出していたことが明らかになった。海外メディアCNBCなどが報じている。

この裁判は、Epic Gamesが2020年にモバイル版『フォートナイト』に独自の決済手段を実装し、Appleが規約違反だとして同作をApp Storeから削除したことをきっかけとして始まった。Epic Gamesが、Appleを反トラスト法(いわゆる独占禁止法)違反などで訴えたのだ。


一審判決では、Appleは法が定める独占企業とは認められないとされ、Epic Gamesは契約違反の損害賠償金をAppleに支払うよう命じられている。一方で裁判所は、Appleによるメーカーへの規制は反競争的であり、消費者の選択を違法に妨げていると認定。アプリ開発者が外部の決済手段への誘導を禁じるガイドラインを撤廃するよう、永久的差止命令を出した。命令は今年12月9日に発効する予定だったが、今回Appleは発効の保留を求めている。

Appleは10月8日、第9連邦巡回区控訴裁判所に対し審判請求書を提出。そのなかでAppleのアプリレビュー担当シニアディレクターTrystan Kosmynka氏は、永久的差止命令が求めるガイドライン改訂に関して、消費者やアプリ開発者、そしてiOSプラットフォームを保護する必要があると述べる。関係する法的・技術的・経済的な問題は複雑かつ流動的であり、保留期間を使ってAppleが問題解決にあたることで、消費者などを保護することができるとした。

*当事者であるEpic GamesのCEO Tim Sweeney氏は、『フォートナイト』のピーリーを使ったダジャレで本件に反応。


永久的差止命令の保留期間についてAppleは、Epic Gamesとの当該裁判が終了するまでとするよう求めている。Epic Gamesは一審判決を受けて、損害賠償金をAppleに支払ったうえで控訴している。Epic GamesのCEO Tim Sweeney氏によると、判決が確定するまでには5年はかかるかもしれないという(関連記事)。すなわち、外部決済手段への誘導がアプリ開発者に開放されるまでには、それだけの期間がかかる可能性がある。

Appleは、独自決済手段を通じて得る手数料を収益の柱のひとつとしており、アプリ開発者が用意する外部決済手段からは手数料収入を得られない。今のところ、基本的には永久的差止命令に従う姿勢をみせているが、保留を求めたということは、ガイドライン改訂について慎重に進めたい考えがあるのかもしれない。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る