『モンスターハンターライズ:サンブレイク』では「マスターランク」を実装。「ショウグンギザミ」などの復活モンスターも登場予定

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

カプコンは9月30日、東京ゲームショウ2021 オンライン内の配信番組にて『モンスターハンターライズ:サンブレイ』の新情報を公開した。今回新たに、本作の概要や世界観、登場モンスターの情報が明らかになっている。

『モンスターハンターライズ:サンブレイク』は、ハンティングアクションシリーズ最新作『モンスターハンターライズ』の超大型拡張コンテンツだ。新たな拠点での物語をはじめ、モンスターやアクション、新たなクエストランクとなる「マスターランク」が登場するなど、『モンスターハンターライズ』をさらに楽しめる要素が多数追加されている。なお、本作のディレクターは一瀬泰範氏に代わり、新たに鈴木佳剛氏が担当する。

本作ではカムラの里から旅立ち、新たな調査拠点に向かうことになるという。新たに登場するフィールドは城跡のような場所になっており、夜になると紅色の空が広がる怪しげな雰囲気をもつようだ。公開映像にも登場している新モンスターは、爵銀龍(しゃくぎんりゅう)メル・ゼナ。本作のメインモンスターとなる古龍種である。また本作には、大型の甲殻種のモンスター「ショウグンギザミ」など、過去作から復活してくるモンスターもいるとのこと。さらなる追加モンスターなどの情報については、今後の続報に期待しておこう。


ちなみに番組内では、『モンスターハンターライズ』のCAPCOMコラボ第5弾となるイベントクエストの内容も発表された。第5弾のコラボタイトルは『帰ってきた 魔界村』。イベントクエストにチャレンジすることで、髭面の王国騎士「アーサー」 になりきれるハンターの重ね着装備が手に入る。アーサーの重ね着装備は見た目だけでなく、投げクナイが槍に変わったり、BGMやクエストクリア時の演出が変化するなど特別仕様の装備になっているという。配信日は10月29日が予定されている。また、今年30周年を迎えた『ソニック』シリーズとのコラボレーションも発表。こちらについては、後日詳細が公開されるとのことだ。


『モンスターハンターライズ:サンブレイク』は、Nintendo Switch/PO(Steam)向けに2022年夏発売予定だ。本作のプレイに必要な本編『モンスターハンターライズ』については、2021年3月に発売済みのNintendo Switch版に加えて、PC(Steam)版が2022年1月13日発売予定となっている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る