協力型ゾンビFPS『Back 4 Blood』キャンペーンモード紹介トレイラー公開。対象年齢区分はCERO:Zに

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

パブリッシャーのWB Gamesは9月16日、協力型ゾンビFPS『Back 4 Blood(バック・フォー・ブラッド)』のキャンペーンモードを紹介する最新トレイラーを公開した。また、本作はCERO:Z(18歳以上のみ対象)となることも明らかになっている。

『Back 4 Blood』は、『Left 4 Dead』シリーズの開発元として知られるTurtle Rock Studiosが手がける、最大4人協力プレイ対応のFPSだ。本作の世界では、人類のほとんどが殺人的な寄生虫デビルワームに感染し、リドゥンと呼ばれるゾンビと化している。プレイヤーはクリーナーと呼ばれる生存者となり、仲間と共にリドゥンに立ち向かう。

今回公開されたトレイラーでは、小さなデビルワームの出現と、それが政治的駆け引きに使われたという、ゾンビ感染の発端が語られている。デビルワームの前では人類は無力で、感染が一気に広がるなか、クリーナーたちが唯一の希望となる。どうやらクリーナーたちは、デビルワームに対する免疫をもっているようだ。

本作には合わせて8名のクリーナーが登場。トレイラーの中盤に映っている女性は、チームのリーダー的な存在の「マム」だ。彼女は、困難から決して逃げず、権威に対しても反抗する恐れ知らずのキャラクターだという。また、即時蘇生をおこなったり、サポートインベントリやチームのエクストラライフをプラスしたりといった固有能力をもつ。

キャンペーンモードでは、リドゥンとの戦いを進めるなかで物語が展開し、またクリーナーたちの関係性も描かれるようだ。なお本作には、クリーナーとリドゥンに分かれて4対4で戦うPvPのスワームモードも用意されている。クリーナーたちはカスタマイズが可能で、多彩な武器やアイテムが登場。また、ゲームに変化をもたらすカードシステムなどによる、リプレイ性の高さが特徴となる。

Back 4 Blood(バック・フォー・ブラッド)』は、PC(Steam/Epic Gamesストア)/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One向けに10月12日発売予定だ。Xbox Game Pass向けにも提供される。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る