サイトアイコン AUTOMATON

『Apex Legends』カジュアルのバトルロイヤルはなぜ早期離脱者ペナルティがないのか。開発者が解説

スポンサーリンク

Apex Legends』において、早期離脱者に対するペナルティのあり方について議論が活性化しているようだ。Respawn Entertainmentは9月10日、『Apex Legends』におけるコレクションイベント「エボリューション」を9月15日から29日まで開催すると発表した。あわせて、次回アップデートに向けた最新パッチノートを発表。レジェンドや武器の調整にあわせて、QoLを向上する変更が複数明かされた。 

こうしたなかで実施されるのが、マッチの早期離脱者への警告方法についての改善だ。『Apex Legends』ではバトルロイヤルのランクマッチ、およびアリーナモードのカジュアル/ランクマッチ双方において、試合が完了するより先にマッチを退出するとペナルティが課されるようになっている。今回の変更では、パーティが全滅する前に誤って離脱してしまうことを防ぐ変更がいくつか施された。確認ボタンの長押しが必要になったり、退出ペナルティを表示する赤い警告文が追加されたりと、プレイヤーがうっかり試合を早期離脱してしまうことを予防するための工夫が凝らされている。 

スポンサーリンク

こうした変更を踏まえ、海外掲示板Redditではいまいちど『Apex Legends』における早期離脱者ペナルティのあり方が議論されている。スレッドには早期離脱者への警告などの実装に携わったという開発者RobotHavGunz氏も登場。詳しい実装の仕様や裏側について明かした。同氏によれば、早期離脱者への警告が表示されるのはバトルロイヤルのランクマッチ、およびアリーナモードのカジュアル/ランクマッチ。ただしパーティのほかのメンバーが先に早抜けしてしまい、残されたスクワッドのメンバーが少なくなってしまった場合は、マッチを退出してもペナルティは課されないと補足している(ただし現状はバグでペナルティが課されるケースもある模様)。 
 

 
ここで議題に上がったのが、早期離脱者ペナルティが唯一課されないカジュアルでのバトルロイヤルについてだ。あるユーザーはカジュアルバトルロイヤルについて、「頻繁に早期離脱するユーザーにだけペナルティを課す」のはどうかと提案している。これに対してRobotHavGunz氏は、個人的には賛成だと回答。ただし早期離脱の頻度をトラッキングする方法については、非常に複雑なタスクが必要だとも言及している。実行可能ではあるが、そのハードルは高いことを示唆した。 

すると別のユーザーからは、そもそもなぜカジュアルにおけるバトルロイヤルだけ早期離脱者ペナルティがないのかと質問が投げかけられた。これに対してRobotHavGunz氏は、技術的な問題とユーザーエクスペリエンス上の問題の双方に触れて解説している。まず大前提として、ペナルティシステムは100%自動化されている必要がある。そのため人間のスタッフが監査し、早期離脱についてモデレートしていくという方法は実用的ではない。同時に、システムはシンプルであるべきだともRobotHavGunz氏は述べる。システムは複雑になるほど、その分誤作動を起こす可能性が高くなるからである。 

こうした要件により、現状で実装されているペナルティシステムは、試合を早期離脱したプレイヤーに対し無条件でペナルティを与える仕組みとなっている。このとき早期離脱の「理由」については考慮されない。なぜなら本当に早期離脱の原因を追求するのは不可能に近いためだ。くわえて早期離脱の理由が考慮されるようになったら、一部のユーザーに“抜け穴”として悪用されるだろうともRobotHavGunz氏は言及している。したがって、たとえ早期離脱の原因が回線切れなど不可抗力の原因であっても、ペナルティは一律で与えられるようになっている。その理由として、早期離脱は原因問わずスクワッドに与える影響が大きいからだともRobotHavGunz氏は述べる。 
 

スポンサーリンク

 
以上の条件を踏まえてユーザーエクスペリエンスを考慮すると、カジュアルのバトルロイヤルでペナルティシステムを実装するのは厳しすぎる、というのがRobotHavGunz氏の見立てだ。同氏によれば、統計的に見て早期離脱者がアリーナ試合に与える影響は、たとえカジュアルでも大きいとのこと。逆に、バトルロイヤルではアリーナほどの影響はなかったそうだ。その理由について、バトルロイヤルではハイディング/キャンピングなど、隠れてやり過ごす戦略をとることができるからだろうとRobotHavGunz氏は伝える。 

RobotHavGunz氏はカジュアルにおけるバトルロイヤルでの早期離脱者の存在について遺憾に思っており、必ずしもペナルティを与えないことが“正しい”選択であるとは思わないとコメント。しかし『Apex Legends』というゲームの苛烈さを踏まえ、とくにランクマッチがより“真剣”な場であるとされる以上、カジュアルマッチで早期離脱してしまうプレイヤーにも一理あるとしている。RobotHavGunz氏は、自身と反対の考えについても尊重したいと伝えた。 
 

 
カジュアルにおけるバトルロイヤルでの早期離脱者ペナルティの是非は、プレイヤーの間でも意見が分かれるところだろう。開発チームも、さまざまな理由を踏まえて現在の仕様に決定しているようだ。今回アップデートが施されるように、ペナルティシステムについても今後さまざまな変更が加えられるかもしれない。今後の状況を見守っていきたいところである。