Nintendo Switch版『art of rally』のグラフィックにファンが「草も生えてない」と落胆。ストアの画像と違う

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのFunselektor Labsは8月12日、レースゲーム『art of rally』のXbox Series X|S/Xbox One/Windows 10版および海外Nintendo Switch版を発売した。本作は、先行して配信されたPC版にて高い評価を獲得し、今回コンソールに移植されたかたちだ。ただ、Nintendo Switch版のビジュアルクオリティに関して、プレイヤーからは不満の声が出ている模様である。


上に掲載したのは、『art of rally』のXbox Series X版(画像上)とNintendo Switch版(画像下)の比較画像である。Xbox Series X版では草花が生い茂り、樹木も豊富である。PC版と同等のクオリティだといえるだろう。しかしNintendo Switch版はというと、草花はすべてカットされ緑色ののっぺりした地面に。樹木の数は明らかに少なくスカスカで、一部の岩も消えている。建物に関しては違いはないようだ。

本作は、もともとポリゴン数少なめのグラフィックを採用しており、シンプルではあるがポップなビジュアルが特徴。とはいえ、ほかのプラットフォームと比較してあまりに寂しいNintendo Switch版のビジュアルに、プレイヤーが落胆しているのだ(Reddit)。レース中の沿道に配置された、観客の数も少ないという指摘も見られる。そのほか、走行中に見える樹木などの影は、かなり近づいた段階で突然描画されるため違和感を感じてしまう。

Nintendo Switchはハードウェアパワーで劣るため、移植にあたってはパフォーマンスを優先し、ビジュアルクオリティを抑えて最適化する例はよく見かけられる。上に挙げたような違いが現れることは致し方ない面はある。ただ問題は、そうしたクオリティであることが事前に消費者に伝えられていないことにある。


上のスクリーンショットは、海外ニンテンドーeショップの本作のページに掲載されているもののひとつだ。これまでの流れからすでにお気づきかもしれないが、これはNintendo Switch版のものではない。実は、ほかのスクリーンショットも含め、すべてPC版とおなじものが掲載されているのだ。Microsoft Storeについても同様である。つまり、ストア上には実際のクオリティを確認できる情報がないばかりか、誤解させてしまう情報を掲載しているということになる。

こうしたことは時折発生しており、たとえば過去にはレースゲーム『Xenon Racer』のNintendo Switch版にて問題になったことがある。同作もまた、Nintendo Switch版のクオリティやパフォーマンスの低さがコミュニティから指摘されるなかで、ニンテンドーeショップに掲載されたトレイラーやスクリーンショットが、他機種版と同一だったことが批判された。現在は、Nintendo Switch版のものに差し替えられている(関連記事)。


今回指摘されたNintendo Switch版『art of rally』のクオリティについて開発元Funselektor Labsは、ファンの期待に応えられるよう、現在も最適化に取り組んでいるとコメント。将来的なアップデートを約束した。一方、ニンテンドーeショップに掲載されたスクリーンショットに関しては、ストアのバックエンド側の問題だとした。Nintendo Switch版を撮影したスクリーンショットやトレイラーはすでに提供していたが、ストアに反映されていない状態だという。こちらは間もなく更新されるだろうとしている(Reddit)。

本作のNintendo Switch版は、アクセルやブレーキがデジタル入力というハンデはあるものの、ゲームプレイそのものはオリジナル版を忠実に移植されている。カジュアルな見た目とは裏腹に、実は本格的なラリーを楽しめるのだ。ファンの落胆を誘ったビジュアルについては、今後改善されるとのことで期待したい。

『art of rally』は、PC(Steam/Microsoft Store)/Xbox Series X|S/Xbox One向けに配信中。Nintendo SwitchおよびPS5/PS4版についても、今後国内配信される予定となっている。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る