超攻撃型“ルータースラッシャー”ARPG『Godfall』PS5パッケージ版、PLAYISMより発売。日本語テキストの不具合は近日中に修正予定

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

弊社アクティブゲーミングメディアのパブリッシングブランドPLAYISMは11月12日、アクションRPG『Godfall』のPlayStation 5向けパッケージ版を発売した。価格は通常版が7900円で、Deluxe Editionが9900円、Ascended Editionが1万24400円(いずれも税別)となっている。


『Godfall』は、アメリカのデベロッパーCounterplay Gamesが開発したアクションRPGで、三人称視点での近接戦闘に特化した“ルータースラッシャー”を名乗る作品だ。プレイヤーは、身に纏いし者に神の如き力を与える伝説の鎧“ヴェイラープレート”を装備する最後のヴァロリアン騎士オリンとなり、土・水・風・火の四大元素をテーマにしたエリアが存在する、アペリオンと呼ばれる破滅寸前の世界で戦う。

本作では、高難易度のミッションに挑んで自分のキャラクタービルドに最適なピース、戦いを有利に進める戦利品を獲得。そして、12種類あるヴェイラープレートをアンロックしていく。武器クラスは5種類存在し、素早い攻撃を繰り出せるDual Bladesや、汎用性の高いLongswordなどが登場。また、超攻撃型アクションをうたう本作においては、盾も攻撃に利用可能だ。クエストをこなし敵と戦って経験を積み、レベルアップすることで新たなスキルを解放できる。

本作はソロプレイのほか、最大3人での協力プレイにも対応(チュートリアル後から協力プレイ可能)。ボスや敵は協力プレイを前提にデザインされており、多方向からの攻撃にも戦いの手を緩めることはない。手にした武器特有のスキルを駆使しながら、敵騎士やボスに立ち向かおう。


PS5版では、DualSenseワイヤレスコントローラーならではの機能も活用。ハプティックフィードバックによって武器がぶつかり合う感触や、地面の材質・状況を感じ取ることができ、またアダプティブトリガーは、武器クラスごとに異なる重量感などをプレイヤーの手に伝えてくれる。

今回発売されたパッケージ版のDeluxe Editionには、ゲーム本編に加え、2021年公開予定の拡張コンテンツへの初日アクセス権が収録。そしてAscended Editionには、「黄金のヴェイラープレートスキン」「黄金の武器セット」「黄金の盾」などのゲーム内アイテムも利用可能となっている。また初回限定特典として、ヴェイラープレートスキンやスターターパックアイテム、「ZER0の刀」といったゲーム内アイテムを用意。こちらは通常版にも収録されるが、数に限りがあるため販売店に確認してほしい。

Godfall』のパッケージ版は、PS5向けに販売中。また、PS5/PC(Epic Gamesストア)向けのダウンロード版は、Gearbox Publishingを販売元として配信されている。なお、現在本作では日本語テキストに関する表示不具合およびテキストの反映漏れが発生中。PLAYISMは、開発元Counterplay GamesおよびGearbox Publishingと協力し、近日中にアップデートする予定だとしている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る