PS4『ゴースト・オブ・ツシマ』大型アップデート10月17日配信へ。オンライン協力マルチに加えて、装備登録や2周目まで盛りだくさん

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は10月5日、『ゴースト・オブ・ツシマ』向け大型アップデートバージョン1.1を、10月17日に配信すると発表した。同アップデートは無料で配信される。

バージョン1.1アップデートではまず、本編であるシングルプレイに新要素が追加される。具体的には、待望となる2周目だ。本編をクリアしたのち、2周目に挑むことができる。初回のゲームクリア時点で獲得した技・兵具・装具はすべて所持した状態から始まり、難易度も上昇する。2周目では、赤たてがみの特製の鞍をつけた特別な馬も使用可能になるほか、刀・弓・装束の性能をさらに上げることも可能になる。新たな護符も登場し、必殺の一撃を見舞ったり、これまでとは違った流儀で戦ったりできるようになるそうだ。また、2周目のみ登場する「幻の花」と呼ばれる花によって、装束を新たな色で染めたりすることもできるという。トロフィーも新しく追加されるとのこと。


また、こちらも待望となる装備の登録機能が追加。数ある装備・護符から好きな組み合わせを選び、ロードアウトとして登録できる。装備セットを切り替えることで、さらに自由な戦いが実現されるだろう。そのほか、保存したゲームをロードする際に、これまでの通算プレイ時間が表示されるようになる。フォトモードにも新要素が追加されるとのこと。


大型アップデートのもうひとつの目玉となるのが、「Legends/冥人奇譚」。「Legends/冥人奇譚」では、境井仁が広大なフィールドを駆けた本編とはうって変わり、対馬にて語り継がれてきた4人の冥人が戦う。プレイヤーはそれぞれ異なる能力をもった侍、弓取、牢人、刺客の4タイプからキャラを選び、フレンドやオンラインでマッチングした仲間と2~4人のチームを組んで戦いに挑む。2人プレイモードでは、ステージごとに難易度の上がっていくストーリーミッション「奇譚」を遊ぶことができる。一方4人協力プレイでは、次々に押し寄せる敵のウェーブを撃退していくサバイバルミッション「九死」に挑むことが可能。ほか、レイドミッション「大禍」も後日配信される。


「Legends/冥人奇譚」では、プレイヤーたちは4種類の役目を選択可能。侍は体力が高くタンクにあたる。奥義として「八幡の怒り」が用意されている。弓は遠距離アタッカーで、破裂矢を使い敵の勢いを止められる。奥義「内経の眼」も使用可能。牢人は奥義「伊邪那美の息吹」にて仲間を蘇生させる能力を持つこともあり、ヒーラーに近そうだ。犬の式神を召喚することも可能。刺客は大ダメージを与えられる純粋なアタッカー。奥義「闇烏」は敵に気づかれずに素早く移動し、相手の虚を突く技だ。彼らは力をつけるにつれて新たな特技を獲得。それぞれ独自の護符や飛び道具が用意されているとのこと。なお、「Legends/冥人奇譚」を遊ぶにはPlayStation Plusの加入が必須となる。

『ゴースト・オブ・ツシマ』1.1アップデートは、10月17日配信予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog