ノートルダム大聖堂をバーチャル体験できる『Notre-Dame de Paris: Journey Back in Time』UbisoftがPC VR向けに無料配信開始

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Ubisoftは9月11日、『Notre-Dame de Paris: Journey Back in Time(パリ・ノートルダム大聖堂:過去に帰る旅)』をPC VR向けに発表、無料で配信開始した。


『Notre-Dame de Paris: Journey Back in Time』は、フランス・パリに存在するノートルダム大聖堂のバーチャルツアーを楽しめる作品だ。歴史学者の指導を受けながら、5000時間に及ぶ緻密なグラフィック製作を経て復元された、『アサシン クリード ユニティ』で使用された3Dモデルをもとに構成。4平方メートルから9平方メートルのゾーンに入って周囲を見渡したり歩みを進めたりしながら、一般公開されていなかったエリアを含めた、歴史的建造物であるノートルダム大聖堂を、さまざまな視点から観賞することができる内容となっている。

そしてツアーの最後には、熱気球に乗ってノートルダム大聖堂の上空から、鮮やかに描かれた18世紀のパリの絶景を楽しむことも可能だ。またBGMには、ノートルダム大聖堂にも納められた、アリスティド・カヴァイエ=コル氏製作のオルガンが奏でるバッハの楽曲を採用している。

*映像をドラッグすると360度見渡すことが可能。

ノートルダム大聖堂は、2019年4月15日に発生した大規模火災によって尖塔などが焼失。この衝撃的なニュースは、当時世界中で大きく報じられた。それ以来、大聖堂は修復作業のために閉鎖された状態にあり、観光客が内部を見学することはできない。そこでUbisoftは、『アサシン クリード ユニティ』にてノートルダム大聖堂を再現して収録していた経緯を踏まえ、そのアセットを活用・調整し、VRでのバーチャルツアー作品を制作。これまでユネスコ本部などで公開されていたが、今回広く無料で配信することとなった。

火災事故のあった当時には、『アサシン クリード ユニティ』にてノートルダム大聖堂が精巧に再現されていることが話題に。UbisoftがPC版の無料配布をおこなったこともあり、同作をプレイするゲーマーが急増し、Steamでは多数の好評レビューが投稿される“逆レビュー爆撃”も発生した(関連記事)。なお、修復作業が続けられているノートルダム大聖堂では、今年9月9日には表にある広場の地下施設での展示が再開されたが、完全復旧は2024年の予定とされている。


『Notre-Dame de Paris: Journey Back in Time』は、Steam/Oculusストアにて無料配信中。バーチャルツアーの体験には、対応するVRデバイスが必要となる。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog