アクションRPG『マグラムロード』発表、PS4/Nintendo Switch向けに今冬発売へ。『サモンナイト』スタッフ新作は、魔王が勇者とコンカツする物語

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ディースリー・パブリッシャーは9月8日、アクションRPG『MAGLAM LORD(マグラムロード)』を発表した。対応プラットフォームはPS4/Nintendo Switch。発売時期は今冬を予定している。本作は、9月6日より同社のカウントダウンサイトにて明かされていた新作ゲームにあたる作品だ(関連記事)。本日よりティザーサイトが公開されている。


『マグラムロード』は、魔王を主人公とする爽快感溢れるアクションRPGだ。永き眠りから目覚めると絶滅危惧種に指定されていた最凶の魔王が、完全復活を遂げるため、魔剣をクラフトして仲間と共に戦っていく。そして絶滅を回避するため、勇者や協力者相手に“コンカツ”していくという。

本作は、豪華クリエイター陣によって手がけられている。開発を担当するのは、シミュレーションRPG『サモンナイト』シリーズを開発した旧フライト・プランのスタッフが在籍するFELISTELLA。世界観設定・シナリオは、同じく『サモンナイト』シリーズで知られる都月景氏が担当する。キャラクター・イラストデザインを務めるのは、『Fate/Grand Order』のキャラクターデザインや『星のカービィスターアライズ』のゲーム内イラストなど、多ジャンルにわたるイラストレーションを手がけているlack氏だ。

またサウンド担当は、『サモンナイト』シリーズや『メタルマックス』シリーズといった数百タイトルの制作実績を持つピュアサウンド。メインテーマは、日本のロックバンド「Sing Like Talking」のメンバーでもある藤田千章氏が担当する。


魔剣創造アクションRPGと称し、絶滅危惧種魔王×コンカツという独創的なテーマを持った本作。今後の続報にも注目しておこう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog