NVIDIAが新世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズを発表。最大解像度8K /60fpsのゲームプレイ実現を謳う「GeForce RTX 3090」などを順次発売へ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

NVIDIAは9月2日、オンラインイベント「NVIDIA GeForce Special Event」にて新世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズを発表した。併せて、新世代GPUを搭載する製品として「GeForce RTX 3070」「GeForce RTX 3080」「GeForce RTX 3090」の3製品を順次発売すると明かしている。


新世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズには、第2世代RTXアーキテクチャとなる「Ampere」を採用。現行世代のTuringアーキテクチャと比較して約2倍の性能を誇るという。具体的には、シェーダの性能が11Shader-TFLOPSから30Shader-TFLOPSと約2.7倍。RTコアの性能が34RT-TFLOPSから58RT-TFLOPSと約1.7倍。Tensorコアの性能が89Tensor-TFLOPSから238Tensor-TFLOPSと約2.7倍となっている。なお、製造プロセスは8nm。接続インタフェースはPCI Express 4.0。ディスプレイコネクタはDisplayPort 1.4aおよびHDMI 2.1に対応する。

新世代GPUを搭載する製品は、ビデオメモリとしてGDDR6を採用。上位モデルとなる「GeForce RTX 3080」「GeForce RTX 3090」は、世界初となるGDDR6Xを搭載する。PAM4シグナリングによってGDDR6の2倍のデータ量を転送可能にし、さらなる高速化が図られる。


各製品のグラフィックス処理については、上位モデルとなる「GeForce RTX 3080」が現行世代の最上位モデル「GeForce RTX 2080 Ti」よりも高速。同価格となる「GeForce RTX 2080」の2倍の性能を発揮するという。また「GeForce RTX 3070」においては、もっとも安価ながら「GeForce RTX 2080 Ti」よりも高性能になっているようだ。そして最上位モデルとなる「GeForce RTX 3090」は、10496基のCUDAコアと24GB のGDDR6Xビデオメモリを搭載し、最大解像度8K /60fpsのゲームプレイを実現するとしている。各製品のリファレンスモデルとなる「ファウンダーズ エディション」の主な仕様は下記のとおり。

【GeForce RTX 3090】
アーキテクチャ:Ampere
CUDA コア数:10496
ベースクロック:1.40GHz
ブーストクロック:1.70GHz
メモリ構成:24GB GDDR6X
メモリインタフェース幅:384ビット
寸法(高さ):3スロット
消費電力:350W(推奨システム電力:750W)
補助電源コネクタ:PCIe 8ピン×2
※本製品のみNVIDIA NVLink(SLI-Ready)対応

【GeForce RTX 3080】
アーキテクチャ:Ampere
CUDA コア数:8704
ベースクロック:1.44GHz
ブーストクロック:1.71GHz
メモリ構成:10GB GDDR6X
メモリインタフェース幅:320ビット
寸法(高さ):2スロット
消費電力:320W(推奨システム電力:750W)
補助電源コネクタ:PCIe 8ピン×2

【GeForce RTX 3070】
アーキテクチャ:Ampere
CUDA コア数:5888
ベースクロック:1.50GHz
ブーストクロック:1.73GHz
メモリ構成:8GB GDDR6
メモリインタフェース幅:256ビット
寸法(高さ):2スロット
消費電力:220W(推奨システム電力:650W)
補助電源コネクタ:PCIe 8ピン×1


なお、それぞれの国内価格および発売日は、「GeForce RTX 3070」が7万9980円で10月発売、「GeForce RTX 3080」が10万9800円で9月17日発売、「GeForce RTX 3090」が22万9800円で9月24日発売となっている。その他詳細については、公式ページをチェックしてほしい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog