ソニーがEpic Gamesに約270億円出資

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ソニーは7月10日、同社子会社のSony Corporation of Americaを通じてEpic Gamesに2億5000万ドル(270億円)を出資し、Epic Gamesの少数持分を取得すると発表した。両社の関係をさらに強化し、最先端のテクノロジー、エンタテインメント、そしてオンラインサービスを発展させるという両社共通のミッションを強化してくという。

Epic Gamesはアメリカのゲーム会社。ふるくは『Unreal Tournament』シリーズなどシューターの開発を手がけてきた老舗スタジオ。ゲームエンジンUnreal Engineやライブサービスゲーム『フォートナイト』シリーズの成功により、企業価値を大きく高めている。

ソニーの子会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、近年よりEpic Gamesとの関係性を強めており、Unreal Engine 5発表に際しては次世代プラットフォームPlayStation 5上でのリアルタイムデモ映像を披露。Epic Games上層部はメディアにてたびたびPlayStation 5のハードウェア性能を絶賛しており、両社の緊密さが伺えた。資本提携をすることで、さらにその関係性は強化されていくことだろう。ソニーとの関係を強める一方で、Epic Gamesは今後も他社プラットフォームにゲームをリリースしていくそうだ(VentureBeat)。

ソニー会長兼社長CEO吉田 憲一郎氏とEpic Gamesと設立者兼CEOの Tim Sweeney氏は、以下のコメントを寄せている。

吉田 憲一郎氏のコメント:
「Epic はグラフィックなどの優れた技術を持ち、“Unreal Engine”をはじめとする数々のイノベーションによりゲームエンジンの進化を牽引しています。また『フォートナイト』ほどに革新的なエンタテインメント体験の例は他にありません。今回の出資を通して、Epic との協業のさらなる深化を模索し、ゲームの分野に限らず、急速に発展しているデジタルエンタテインメントの領域で、ユーザー、そして業界の皆様に喜んでいただけるような価値を提供していきます」

Tim Sweeney氏のコメント:
「ソニーと Epic は両社ともクリエイティビティとテクノロジーが交わる分野でビジネスをしており、ゲーム、映画、音楽を融合させるリアルタイム 3D ソーシャルエクスペリエンスに関するビジョンを共有しています。私たちは協力して、すべてのユーザーとコンテンツクリエイターに向けて、よりオープンでアクセスしやすいデジタルエコシステムの構築をめざします」

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog